Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【春巻き】【揚げ物】パリパリサクサクおいしい春巻きの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

おばあちゃんのレシピノート:春巻き

f:id:miyamarin:20160801154828j:plain

揚げものは、揚げたてをいただくのがいちばんですよね。パリパリしておいしい春巻きのレシピのご紹介です。カロリーも高く、ダイエットには不向きですが、それでも揚げものはやめられません。揚げない春巻きなどのレシピを見ますが、揚げものは揚げてこそ、揚げものです。

おばあちゃんのレシピで手作りの春巻きを作ってみませんか。

材料(4人分)

  • 豚こまぎれ肉150g
  • しいたけ4枚
  • 白ねぎ5cm
  • 小えび10匹
  • もやし1/2袋
  • 1個
  • 春雨45g
  • 春巻きの皮10枚
  • しょうゆ・酒各小さじ1
  • 中華の素小さじ1
  • 水溶き片栗粉適量
  • 揚げ油適量

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20160730153559j:plain

  1. しいたけと白ねぎは千切りをします
  2. えびは背わたを取りのぞきます
  3. もやしは根をとります(気になる方のみ)
  4. 錦糸卵を作ります
  5. 春雨はぬるま湯に3分ほどつけてもどし、3cmほどに切ります

春雨は、小分けになって売っているものが使いやすいと思います。メーカーによって、8gだったり、64gだったり、さまざまです。白ねぎは、縦に切れ込みを入れて、白いまわりの部分を重ねて、千切りをします。

作り方

f:id:miyamarin:20160730153611j:plain

f:id:miyamarin:20160801154846j:plain

f:id:miyamarin:20160801154923j:plain

  1. フライパンを熱し、豚こまぎれ肉を炒め、取り出してボウルに移します
  2. 小えび、しいたけ、白ねぎ、もやし、はるさめの順に炒めます
  3. 1と錦糸卵を加えます
  4. しょうゆと酒、中華の素を加え、手早く混ぜて全体に味をまわします
  5. 水溶き片栗粉を少しずつ入れ、火を止めます
  6. 具を10等分にして、春巻きの皮で包みます
  7. 180℃の揚げ油で、全体が色づくまで揚げます
  8. 器に盛ります

具に水溶き片栗粉を入れるのは、まとまりやすくするためです。春巻きの皮を巻いたあとも、水溶き片栗粉をつけてとめてください。

春巻きについて

由来

どうして春巻きという名前がついたかご存じですか。英語ではスプリングロールといいます。そのままですね(笑)春巻きは中国の料理で、春に新芽を出す、タケノコやキャベツなどの野菜を具にしていたことが由来です。春にいただく縁起のよい料理です。

揚げものは腹持ちがいい

ダイエットをしているかたは揚げものは避けたい料理のナンバーワンでしょう。しかし揚げものもいいところはあるんです。いちばんに腹持ちがよいこと。脂質の多い揚げものは、胃の滞在時間が長いので、腹持ちがよくなります。

揚げもので便秘解消とストレス発散

揚げものは便秘解消の効果があります。便秘を改善するには食物繊維が不可欠です。しかしそれだけではありません。適量の油分と水分が必要となってきます。ダイエットをしていると、油を使った料理、ましてや揚げたものなど以てのほかと思われるでしょう。食べ過ぎは危険ですが、少量であれば油を摂ることは大切なのです。具材に野菜をいろいろ使って、作りましょう。

ダイエットもそうですが、美肌づくりにも、ストレスを溜めることがいちばんよくないことです。揚げものはやっぱりおいしいから食べたいですよね。たまにはいいと思います。好きなものを我慢しないで、おいしいと思っていただくことが、健康な心と体を作ります。

さいごに

春巻きのご紹介でした。

餃子もそうですか、皮で巻く料理は作っていて楽しいですよね。家庭によって中の具材が異なる春巻き。おばあちゃんの春巻きはものすごくおいしいです。ぜひ試してみてください。ただし、タケノコやキャベツなど春野菜は入っていない、春巻きならぬ、春巻きです(笑)

揚げない春巻きではなく、しっかりカリッと揚げて、春巻きを作ってみてくださいね。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

おまけ:春巻きの思い出

手間がかかるから作らない家族

春巻きはけっこう手間のかかる料理なので、母はあまり作りませんでした(笑) おばあちゃんがたくさん作って、冷凍したものをみんなに配ってくれるのです。だからよくいただきました。ほんとうにおいしいです。

最後の料理

亡くなる数年前から、おじいちゃんとおばあちゃんは、病院に入院していました。お見舞いに行くたびに、「何か食べたいものはある?」母もわたしもよく聞いたものでした。いつか「春巻きが食べたいかな」とおばあちゃんが言ったことがあったので、実家でわたしが作って持って行きました。もちろん、おばあちゃんのレシピどおりです。そして今思えば春巻きが、おばあちゃんのために作った最後の料理となりました。

満中陰(四十九日)

数日前、おばあちゃんの満中陰(四十九日)でした。法要が終わったあと、妹の家で春巻きをいただきました。おばあちゃんのレシピで作った春巻きは、まだまだおばあちゃんが作ったものとは程遠いレベルのものです。

春巻きの具は、わたしの家で作って、妹の家で春巻きの皮を巻き、揚げました。揚げたのは、揚げもの達人である、妹の夫、チャーリーです。

おばあちゃんの春巻きに近づけるよう、これから何度も作ります。