Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】【牛すじ肉】煮込みの作り方(レシピ):すじこんは意外とかんたんにできる!

煮物・煮込み

スポンサーリンク

牛すじ煮込みをお家で作ってみよう!

f:id:miyamarin:20170226224817j:plain

こんばんは。

関西では牛すじ煮込みのことを、すじこんと呼んでいます。また神戸市長田区ではぼっかけという名前で親しまれています。お家で作るとやっぱりおいしいですよね。牛すじ肉は、我が家では定番の食材で、ストックがたくさんあります。

牛すじ肉の下処理も慣れるとかんたんですよ!

材料(2人分)

  • 牛すじ肉(下処理済み) 500g
  • こんにゃく 200g
  • しょうが 1かけ
  • 煮汁
  • だし 300ml
  • しょうゆ 大さじ5
  • 砂糖・みりん・酒 各大さじ3
  • 青ねぎ 3本
  • 白ねぎ 適宜
  • 七味 適宜

下ごしらえ

  1. 下処理を済ませたこんにゃくをさいの目に切ります
  2. しょうがは千切りにします
  3. 下処理を済ませたすじ肉を使います
  4. 青ねぎは小口切りにします

作り方

スポンサーリンク

 

f:id:miyamarin:20170124145626j:plain

  1. 圧力鍋にすじ肉とこんにゃく、しょうがを入れます
  2. 煮汁の材料を加えます
  3. さいしょは強火にして、おもりが振れたら、弱火にして10分煮込みます
  4. 圧が下がって、ふたを開けてから、また弱火で20分煮込みます
  5. 器に盛って、青ねぎを散らします
  6. お好みで、七味(白ねぎ)をかけます

圧力鍋によって、圧力が違うので、煮込み時間も変わってきます。調べてくださいね。

牛すじ肉の下処理(下ごしらえ)の方法

こちらに牛すじ肉の下処理と保存方法をご紹介しております。

スポンサーリンク

 

圧力鍋の選び方

わたしが使っている圧力鍋は、ワンダーシェフの古いものなので、かなり低圧です。78kpa(約118℃)の温度です。すじ肉を柔らかくするには、45分ほどかかります。

しかし最新のものは、140kpa(126℃)の温度で、かなり高圧です。もしこれから購入を考えていらっしゃるかたは、高圧のワンダーシェフかフィスラーがおすすめです。詳しくはこちらにご紹介しております。

すじこんとは(別名:ぼっかけ)

神戸風お好み焼き(にくてん)のレシピをご覧下さったかたはご存知だと思いますが、もういちどご説明いたします。

すじこんとは牛肉をよくいただく関西地方で、安い牛すじ肉とこんにゃくをいっしょに甘辛く煮込んだ料理のことです。神戸市長田区ではぼっかけと呼ばれて親しまれてきたようです。神戸はこれをお好み焼きの具材としてつかうことが多いのですが、居酒屋などではすじこんだけで、お酒のおつまみとして出されています。

高砂市のすじこんにはじゃがいもが入っている?!

兵庫県高砂市というところには、高砂名物である「にくてん」があります。すじこん入りのお好み焼きのことですが、高砂市のすじこんは、すこし違うものが入っています。

それはじゃがいもです。

一般的に知られているすじこんは牛すじ肉とこんにゃくで煮込むのですが、高砂市のものにはじゃがいもが入っているのです。

これ、じゃがいも好きにはたまりませんよ。このバージョンも作ってみました。見た目はあまりかわらないのですが、味がまろやかになります。

f:id:miyamarin:20161114205411j:plain

作り方は全く同じです。さいの目に切ったじゃがいもを材料に加えるだけです。こちらもぜひ、作ってみてくださいね。

すじこんを使ってお好み焼!

妹の夫であるチャーリーが得意とする料理、神戸風お好み焼きというものがあります。ものすごくおいしいので、帰省するたびに作ってもらいます。上にのせる具がすじこんなのです。

すじこんはそのままいただいてもおいしいし、お好み焼の具ににしても最高なんですよ。

こちらをご参照ください。お子さまもきっと喜ばれます。

さいごに

牛すじ肉の煮込み(すじこん)のご紹介でした。ほんとうにおいしくて、くせになる味なので、ぜひ作っていただきたいです。

下処理は慣れるとかんたんですし、たくさん冷凍保存をしておくと、いろいろなお料理に使えて便利です。

ビールのおともに、牛すじ肉の煮込みはいかがでしょうか。最高ですよ!

さいごまでお読みくださいまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク