Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【夏野菜】【夏バテ解消】ゴーヤの天ぷらの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

ゴーヤの天ぷら

f:id:miyamarin:20160822211720j:plain

ゴーヤの天ぷらは山菜の天ぷらに似ています。独特の苦みがあり、天ぷらにするとよりおいしいです。ゴーヤが苦手なお子さまには、炒めものにして、他の食材と一緒にいただくのがよいかもしれません。

材料(2人分)

  • ゴーヤ 1本
  • 薄力粉(天ぷら粉) 1カップ
  • 炭酸水(水) 1カップ
  • 小さじ1/2
  • レモン汁 適量
  • 揚げ油 適量

下ごしらえ

  1. ゴーヤは縦に切り、中にある種とわたをきれいに取り除きます
  2. 5mmくらいの厚さに切ります

ゴーヤの苦みが気になる方は、塩もみをするか、さっとゆでるなど下処理をしてくださいね。

作り方

f:id:miyamarin:20160822214323j:plain

f:id:miyamarin:20160822214505j:plain

  1. 衣の材料をさっくりと混ぜます
  2. 170℃に熱した揚げ油で、からりと揚げます
  3. 熱いうちに器に盛り、レモン汁をかけます

ゴーヤについて

苦み成分

モモルデシンという、聞き慣れない栄養成分。これはゴーヤの苦み成分のことです。キュウリと同じウリ科の植物で、ウリ科の植物に含まれるククルビタシンの仲間です。どちらもややこしい名前ですが、モモルデシンにはすごい効果があります。血圧や血糖値を下げたり、肝機能の強化、胃の粘膜の保護など、おどろくべきパワーをもっています。

しかもゴーヤは加熱しても、栄養素が壊れにくい野菜なのです。これはうれしいですよね。

加熱して栄養素が増す野菜 加熱に強い野菜

ふつう、加熱すると栄養素が破壊されたり、失われたりします。しかし加熱をすると栄養素が増す野菜もあります。有名なのはトマトです。ビタミンCは熱に弱いのですが、トマトに含まれるリコピンはアップします。リコピンは活性酸素を除去する効果があります。まさにアンチエイジング!美肌づくりによい野菜ですね。

またβーカロテンを含む緑黄色野菜は加熱にとても強い栄養素です。もちろんゴーヤも緑黄色野菜です。βーカロテンは加熱しても、体内に必要な量をビタミンAに変える働きがあります。ウィルスの抵抗力を強め、免疫力をアップさせます。風邪の予防になります。

さいごに

ゴーヤの天ぷらのご紹介でした。独特の苦みは、山菜の天ぷらと似ていますね。わたしは大好きです。ビールと合いますよ。

ぜひ試してみてください。

さいごまでお読みいただきまして、ありがとうございました。