Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

意外に簡単!魚のあらの下ごしらえ(下処理)の方法:霜降り

スポンサーリンク

あらを見つけたら即購入!安くておいしい!

f:id:miyamarin:20161226150227j:plain

さわらの稚魚であるめじろ(わらさ)のあらが売っていたので、大根といっしょに煮る予定です。今回は、魚のあらの下ごしらえの方法をご紹介させてください。

骨が多くて食べにくい部位ですが、安くてうま味がぎゅっとつまったあらは、煮物にしてもお味噌汁にしてもおいしいですよね。

下ごしらえが、大変だと思われるかもしれませんが、意外にかんたんなのです。

ぜひ、あらを使ったお料理を作ってみてくださいね。

材料(2人分)

  • 魚のあら300g
  • 適量
  • 熱湯たっぷり
  • 冷水たっぷり

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20161226151110j:plain

f:id:miyamarin:20161226151217j:plain

f:id:miyamarin:20161226151206j:plain

      1. 魚のあらを食べやすい大きさに切り分けます
      2. 流水でよく洗います
      3. 塩をふって、30分ほどおきます
      4. たっぷりの熱湯にさっと入れて、冷水にとります
      5. 粒子で洗って、汚れ(内臓・血合い・うろこ)や余分な脂を取りのぞきます

生ぐさみが気になる魚は、煮るまえに、表面だけに火を通す「霜降り」にします。

魚の保存方法

f:id:miyamarin:20161226152723j:plain

脂分の多い、ぶりや鮭、さわらなど、買ってきたのはよいのですが、すぐに調理できなくなる場合もあります。

鮮度が落ちやすいので、あらのように、「霜降り」をしてから保存すると鮮度を保つことができます。

また調味料を加えておくのもよい方法です。

幽庵地は、しょうゆとみりん、酒を、1:1:1の割合で作ります。

さいごに

魚のあらの下ごしらえのご紹介でした。週末にまとめて、食材をお買い求めになるかたが多いと思います。また作り置きされる方もいらっしゃいますよね。

下ごしらえさえ、済ませておけば、あとは煮るだけだったり、焼くだけだったり、調理時間の短縮にもつながります。

安くておいしいあらをみなさんの食卓に。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。