Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

大根の下ごしらえの方法:下ゆで・水にさらす・保存

スポンサーリンク

よりおいしく大根をいただくために

f:id:miyamarin:20161226163632j:plain

大根は煮物でいただいても、サラダにしても、炒めてもおいしいお野菜です。

煮物に使うときの下ゆで方法とサラダに使うときの水にさらす方法、また保存の仕方などご紹介させてください。

下ゆでの方法

f:id:miyamarin:20160824132555j:plain

f:id:miyamarin:20160824132807j:plain

f:id:miyamarin:20161226164222j:plain

  1. 大根を水で洗い、2~3cmの輪切りにします
  2. かつらむきをします
  3. 面取りをします
  4. 鍋に大根とかぶるくらいの米のとぎ汁を入れて、沸騰させます
  5. 沸騰したら、弱火にして、30分ゆでます
  6. 竹串がすっと通るのを確認したら、湯を捨て、ざるにあげます
  7. 熱いうちに調理します

米のとぎ汁がない場合は、米大さじ1を加えます。面取りは煮崩れをしにくくします。

生大根の下ごしらえの方法:千切り

f:id:miyamarin:20160915191113j:plain

f:id:miyamarin:20160915191623j:plain

f:id:miyamarin:20160915191752j:plain

  1. 大根を千切りにします
  2. 水に10分さらします(このままサラダにしてもよい)
  3. 塩をふって、しんなりさせ、軽くもみ、水気をしぼります

水にさらすことにより、シャキッとした食感を楽しむことができます。そのままサラダにしてもおいしいです。また塩もみした大根は酢の物に使えます。もちろんサラダにも使えます。

大根の保存方法

下ゆで

f:id:miyamarin:20161117175226j:plain

大根はけっこう日持ちするお野菜ですが、買ってきたその日に下ごしらえを済ませておくと楽です。

こちらはおでん用と書いてありますが、煮物でもよいです。下ゆでしたものを、一つずつ、ラップに包んで、ジップロックに入れて、冷凍すると約1か月はおいしくいただけます。

f:id:miyamarin:20160915192218j:plain

  • 大さじ1
  • オリーブオイル大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 小さじ1/2

加熱をしていない生の大根の保存の仕方は、千切りにするのがおすすめです。下ごしらえを済ませたあと、上の調味料を合せて、ジップロックに入れて保存します。こちらも1か月くらいを目安にしてください。

大根の皮の活用方法

大根の皮や面取りして残ったものは、炒めものやサラダにできるので取っておくとよいです。

以下の記事をご参照ください。

さいごに

料理は、手間をかけようと思ったら、限りがありません。とくに日本料理は、手間がとてもかかるものだといつも感じています。

よりおいしくいただくために、できる範囲でやっていきたいですね。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。