Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【魚醤油「いしる」(いしり)】を使った五目炊き込みご飯の作り方(レシピ)

ご飯・麺・粉物

スポンサーリンク

能登の魚醤「いしる」(いしり)を使ったかやくご飯

f:id:miyamarin:20160905121536j:plain

先日、石川県和倉温泉に旅行に行った際、能登の魚醤「いしる」(いしり)を使った朴葉焼きをいただきました。めずらしい調味料だったので、買ってみました。さて、何を作ろうかと思ったとき、炊き込みご飯の醤油の代わりに「いしる」を使ってみてはどうかなと思いつきました。ものすごくおいしく出来あがりました!

材料(2人分)

  • 白米1.5カップ
  • もち米1カップ
  • にんじん1/2本
  • 干ししいたけ2枚
  • 油揚げ1枚
  • こんにゃく1/3丁
  • ごぼう1/3本
  • ゆでだこ足1本
  • だし200ml
  • 調味料
  • 薄口しょうゆ大さじ1.5
  • 魚醤大さじ1
  • 大さじ2

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20160905124654j:plain

f:id:miyamarin:20160905131703j:plain

  1. もち米は水に1時間つけておきます
  2. 干ししいたけは水に戻し、千切りにします
  3. ごぼうはささがきにして、水に10分さらします
  4. にんじんを千切りにします
  5. こんにゃくは下ごしらえをして、油揚げも同じく、熱湯をかけて油抜きをして、他のものと同じ大きさに切りそろえます
  6. ゆでだこは斜め切りにします
  7. だしと調味料をの材料を合せます
  8. もち米と米を洗って、ざるにあげます

だしは、干ししいたけのもどし汁を利用します。

作り方

f:id:miyamarin:20160905132308j:plain

f:id:miyamarin:20160905133156j:plain

f:id:miyamarin:20160905133730j:plain

f:id:miyamarin:20160905133759j:plain

f:id:miyamarin:20160905133830j:plain

f:id:miyamarin:20160905134256j:plain

  1. フライパンを熱し、ごぼう、こんにゃく、しいたけ、にんじん、油揚げ、たこの順に、強火で油をからませる程度に、さっと炒めます
  2. だしと調味料を加え、煮立たせて火を止めます
  3. ざるに炒めた具をあげて、具と煮汁に分けます
  4. 炊飯器に、もち米と白米を入れ、目盛り2.5合のところまで煮汁を加えます
  5. 具を加え、全体を混ぜ合わせて、炊飯器のスイッチを入れます
  6. 炊きあがったら、茶碗によそいます

煮汁がたりない場合は、残っていたら、干ししいたけの戻し汁を、なかったら水を足してください。

五目炊き込みご飯について

関西ではかやくご飯とか、かやく飯と呼びます。 五目とはいろいろなものが混じっていて、ぐだくさんのことをいいます。炊き込みご飯の具は、にんじんやしいたけ、ごぼう、油揚げ、こんにゃく、鶏肉などが定番ですよね。

季節のものを入れるといいので、決まりはありません。炊飯器でかんたんに作ることができます。今回ご紹介したものは、少しだけ手間をかけています。具を炒めず、そのままお米に加えても十分おいしいです。

さいごに

五目炊き込みご飯のご紹介でした。

たこではなく、鶏肉を使うことが多いですが、皆さんはいかがでしょうか。今回新しい調味料を使って作ってみました。とても新鮮で楽しいものです。他にもいしるを使った料理を考えてみたいと思います。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

おまけ:関連商品

スポンサーリンク