Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【なす】【オクラ】【疲労解消】薬味たっぷりのぶっかけ素麺の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

食欲のないときにはぶっかけ素麺で決まり!

f:id:miyamarin:20160913215654j:plain

わたし、バテバテです(笑)いきなりごめんなさい。みなさんはどうですか?秋雨前線と台風で、気圧の変化が激しく、体調を崩す時期ですよね。

そういうときって食欲がなくなりませんか?

わたしはさっぱりとしたものが食べたくなります。

ということで、今回はぶっかけ素麺をご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • なす2本
  • オクラ2本
  • 素麺2人分
  • 煮汁
  • だし2カップ
  • 薄口しょうゆ90ml
  • 砂糖大さじ2
  • しょうが汁大さじ1
  • みょうが2個
  • 大葉4枚
  • 青ねぎ2本

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20160913230642j:plain

f:id:miyamarin:20160913230752j:plain

f:id:miyamarin:20160913232309j:plain

  1. オクラは下したゆでします
  2. なすは縦に4等分に切り、横に2等分に切り、皮に切り目を入れます
  3. 水に10分さらします
  4. みょうがと大葉は千切りにして、水に1分ほどさらします
  5. 青ねぎは小口切りにします
  6. 鍋に煮汁の材料を入れて、煮立たせます
  7. すべての食材を冷蔵庫で冷やします

オクラは買ったその日にすべて下ゆですると楽です。また薬味も同じように、使いやすいように下処理をすることをおすすめします。

しょうがの下処理や冷凍の仕方はこちらをご参照ください。

作り方

f:id:miyamarin:20160913231721j:plain

f:id:miyamarin:20160913231913j:plain

  1. なすは180℃の揚げ油で素揚げし、キッチンペーパーで余分な油を落とします
  2. なすに煮汁に入れて、味をしみ込ませます
  3. 素麺をゆで、流水で冷やします
  4. 器に素麺を盛り、なすとおくら、薬味をあしらい、煮汁をかけます

素麺(そうめん)と冷麦(ひやむぎ)の違い

手打ちのころは、製法のちがいで、素麺と冷麦は区別をされていました。ところが手打ちよりも機械で作るほうが主流になってきた今では、両者の違いを太さで区別します。

機械で作るものは乾麺(かんめん)です。素麺と冷麦の区別は、JAS規格で以下の通りです。

  • 素麺:直径1.3mm以下
  • 冷麦:直径1.3mm以上~1.7mm未満

手延べ麺場合は、1.7mm未満なら、素麺でも冷麦でも呼び名はどちらでもよいことになっています。

ちなみに1.7mm以上になるとうどんです!すべて小麦からできていますからね。

大葉の保存方法に困ることはありませんか?

大葉はけっこうな枚数で売っていますよね。でも1回の料理で使い切ることがけっこうむずかしい野菜です。しかも冷蔵庫に入れていくと、どんどんしなびて、先のあたりが茶色くなって、さいごには捨ててしまうということが幾度とあります。

大葉のおすすめの保存方法がありますので、ご紹介しますね。

大葉の下処理

大葉はどのような切り方をされますか。薬味としては千切りが多いと思います。千切りにして、水にさらします。ほんの数秒だけです。ザルにあげて水けを切ります。水にさらすことで、アクが抜けて、シャキっとします。ショウガも針ショウガといって、水にさらしますよね。同じ理由からです。

冷蔵保存

冷蔵保存をする場合は、切らない状態で、保存ができます。ジップロックコンテナーに大葉を入れて、水を含ませたキッチンペーパーをかぶせ、しっかり密閉してください。わたしは千切りにして使うことがほとんどなので、買ったその日に大葉ぜんぶを千切りにして、冷蔵します。

冷凍保存

冷凍保存する場合は、薬味全般にいえますが、必ず使う状態の形で、使う分量ごとに小分けにして、サランラップでしっかり包んでください。乾燥させるのがよくないので、サランラップに包んだものを、さらにジップロックに入れます。冷凍にすると色は確実に悪くなります。しかし香りはしっかりあります。でもなるべく冷凍せずに薬味は使いたいですよね。

さいごに

食欲がなかったので、さっぱりとした味のぶっかけ素麺は、おいしくいただけました。皆さまも、秋を思う存分、楽しむために、しっかり食事をして、睡眠を十分に摂り、健康でいてくださいね!

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク