Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

野菜の下ごしらえ:ほうれん草・なす・しょうが

スポンサーリンク

野菜の下ゆでやあく抜き、保存方法

f:id:miyamarin:20161014133329j:plain

お野菜の下ごしらえをまとめました。お役に立てるとうれしく思います。

ご紹介させてください。

ほうれん草

下ゆでの方法

f:id:miyamarin:20161014133459j:plain

f:id:miyamarin:20170120123736j:plain

  1. 根は切り落とし、水でよく洗います
  2. 根元を輪ゴムで止めます
  3. 鍋にたっぷりの水を入れて、沸騰したお湯に、根本から30秒入れます
  4. 葉の部分を菜箸で、鍋に入れて、20秒ゆでます
  5. お湯を捨て、冷水にとります
  6. 水気をしぼり、使いやすい長さに切りそろえます

f:id:miyamarin:20161014133928j:plain

ほうれん草は買ってきたその日に、下ごしらえをしてしまうと楽です。ごま和えやナムルなど、調味料を合せると冷蔵で数日間はおいしくいただけます。

冷凍保存

f:id:miyamarin:20161014134119j:plain

水気をしぼったほうれん草を、適当な量を小分けにして、ラップで包み、ジップロックで保存します。保存期間は1か月ほどです。

なす

いろいろな切り方

f:id:miyamarin:20161018195500j:plain

f:id:miyamarin:20161018201230j:plain

なすは、料理に適した切り方があります。

  • 輪切り:切り口が円形になる切り方
  • 半月切り:切り口を円形にして、縦半分に切って、半月のような切り方
  • 斜め切り:斜めに切る切り方で、包丁を入れる角度を変えることで大きさも変えられます
  • 乱切り:90度ずつ回転させながら、斜めに切る切り方で、形は少しずつちがいますが、大きさは同じにします

あく抜き方

  1. 水に10分さらします。
  2. キッチンペーパーで水気をきります

切り口が空気にふれると黒ずみがでます。あくを抜くことによって、えぐみを取り、色めもきれいにでます。

冷凍方法

f:id:miyamarin:20161018203350j:plain

  1. 鍋にたっぷりの水をいれて沸騰させます
  2. 小さじ1の酢を入れて、なすを4分ゆでます
  3. 冷水にさらします
  4. 水気をきって、ジップロックに入れて、冷凍します

f:id:miyamarin:20161018211931j:plain

なすは生のままでも冷凍可能です。夏野菜は冷凍に向いてないといわれていますが、冷凍してもおいしくいただくことができます。あく抜きをしてから、キッチンペーパーで水気をきり、ジップロックに入れて、冷蔵します。

半月切りや斜め切りにして、塩もみをしてから保存する方法もあります。

生の状態で冷凍した場合は、使うときは凍った状態で、煮物や炒めもので調理してください。

しょうが

あくの抜き方

f:id:miyamarin:20161014134938j:plain

f:id:miyamarin:20161014135143j:plain

f:id:miyamarin:20161014135550j:plain

  1. しょうがをきれいに洗います
  2. 皮をむき、切ります
  3. 水に5分ほどさらします
  4. キッチンペーパーで水気をきります

しょうがは足が早いので、買ってきたその日に下ごしらえをすることをおすすめします。どのような切り方でもよいのですが、輪切りはとても使いやすいと思います。

冷凍方法

f:id:miyamarin:20161227154136j:plain

f:id:miyamarin:20161014135848j:plain

  1. ラップを広げて、1つ包みます
  2. くるんと巻いて、そのとなりに1つ置いて、また包みます
  3. 1と2をくりかえし、4かけぐらいを1セットにします
  4. ジップロックに入れて、保存します

すぐに下ごしらえをすると、とてもきれいな色で保存ができ、冷凍で軽く2か月はもちます。

大根

大根の下ごしらえはこちらをご参照ください。

さいごに

お野菜の下ごしらえのご紹介でした。週末にまとめて購入される方は多いと思います。鮮度のよい状態で、いただくためにも、下ごしらえを買ったその日にできるとよいですよね。

ぜひご参考にしていただければうれしいです。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。