Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【作り置き】ゆで鶏の作り方(レシピ):上手に活用しましょう!

下ごしらえ

スポンサーリンク

ゆで鶏はゆで豚と同じく万能な作り置き!

f:id:miyamarin:20170316163100j:plain

こんにちは。

お忙しい方にとてもおすすめ、ゆで鶏のご紹介です。

作り置きにゆで鶏があるととても便利です。いろんなお料理に使うことができます。それに、ゆで汁もスープや炊き込みご飯などに使うとコクがでておいしく仕上がります。

よかったら試してみてくださいね。

材料(2人分)

  • 鶏もも(むね肉)1枚
  • 白ねぎ(青い部分)20cm
  • しょうが1かけ
  • 50ml
  • 小さじ1
  • かぶるくらいの量

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170316163507j:plain

  1. 鶏肉の余分な皮や脂を取り除きます
  2. しょうがと白ねぎを用意します

しょうがと白ねぎは臭みを取り除くために使います。しょうがは冷凍して保存したものを使用しました。

作り方

スポンサーリンク

 

f:id:miyamarin:20170316163821j:plain

f:id:miyamarin:20170316163937j:plain

  1. 鍋に、鶏肉と白ねぎ、しょうがを入れます
  2. その中に、かぶるくらいの量の水と酒、塩を加えます
  3. 火にかけて、沸騰したら、アクを取りのぞきます
  4. アクが出なくなったら、弱火にして3分ゆでます
  5. ふたをして、予熱で火を中まで通します

ゆで汁(スープ)を活用したい場合は、鶏肉を水からゆでてください。

保存方法

冷蔵保存をする場合は、スープごとゆで鶏をジップロックコンテナーに入れます。保存期間は、約5日です。

冷凍する場合は、ゆで鶏とスープを別々にジップロックに入れてください。約1か月は、おいしくいただけます。

ゆで鶏を活用した料理

そのまま切って、たれをつけるだけでおいしい棒棒鶏(バンバンジー)と甜面醤を使った味噌だれのご紹介です。

両方ともゆでたささみ肉を使用していますが、ゆで鶏を使うと時短になり、とても便利だと思います。

番外編:ルクエで茹で鶏を作る方法

  1. 鶏肉に塩をふります
  2. ルクエに、鶏肉としょうがを入れます
  3. 鶏肉が半分弱つかるくらいの量の酒を加えます(約大さじ2)
  4. レンジ500Wで、6分くらい温めます

火が通っているか、竹串でさしてみて、透明の汁がでたらできあがりです。ルクエで作る場合は、ゆで鶏というよりは、蒸し鶏です。ゆで汁が作れませんが、ルクエの方が簡単につくることができます。

さいごに

ゆで鶏の作り方のご紹介でした。ゆで鶏は、そのままタレにつけていただいてもおいしいですし、火がすでに通っているので、炒めものの時短にもなります。

またゆで汁はスープとして活用ができます。炊き込みご飯を作るときに、ゆで汁をつかうとほんとうにおいしいです。

よかったら試してみてくださいね。

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

おまけ:関連商品

スポンサーリンク