たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】【牛すじ肉】煮込みシチューの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

デミグラスソースを使った牛すじシチューのレシピ

f:id:miyamarin:20170721154044j:plain

とろとろの牛すじ肉のシチューは最高!

こんにちは。

牛すじ肉はコラーゲンとうま味たっぷりです。すじ肉を使うことで、いつものシチューがワンランクアップして、まるで老舗のお店のシチューのような味になります。かなり手間はかかりますが、よかったらお試しください。。とろけるような舌触りの、牛すじ肉を使ったシチューに、夢中になります。

材料(2人分)

  • 牛すじ肉(下処理済)500g
  • 玉ねぎ1個
  • にんじん1/2本
  • ペコロス8
  • マッシュルーム8個
  • にんにく1かけ
  • 赤ワイン(下ごしらえ用)適量
  • デミグラスソース1缶
  • スープ
  • 水(牛すじ肉のゆで汁)200~300ml
  • 赤ワイン100ml
  • ケチャップ大さじ1
  • ブイヨン小さじ2
  • バター適量
  • 塩コショウ適量
  • グラスドビヤンド(あれば)大さじ2

下ごしらえ(前日)

f:id:miyamarin:20170721154721j:plain

  1. 玉ねぎは千切りにします
  2. にんにくは薄くスライスします
  3. バットに、玉ねぎとにんにくを入れて、ひたひたくらいに赤ワインを流しいれます
  4. 冷蔵庫で寝かせます

この作業は前日に行い、一晩漬け込むとが理想的ですが、当日であれば、少なくとも3時間は寝かしてくださいね。

下ごしらえ(当日)

f:id:miyamarin:20170721154920j:plain

f:id:miyamarin:20170721155001j:plain

f:id:miyamarin:20170721154721j:plain

  1. マッシュルームは、キッチンペーパーで汚れを拭いて、石づきを取ります
  2. ペコロスは皮をむきます
  3. にんじんは、適当な大きさに切ります(ここではシャトー切り)
  4. 下ごしらえ済の牛すじ肉を用意します
  5. 冷蔵庫から、赤ワイン漬けをした玉ねぎを取り出します

にんじんは、どのような形に切ってもよいのですが、まわりを面取りしてラグビーボールのような形に切ると、見栄えもよく、煮崩れを防ぎます。シャトー切りやココット切りといいます。

作り方

f:id:miyamarin:20170721160236j:plain

f:id:miyamarin:20170721160700j:plain

f:id:miyamarin:20170721161456j:plain

  1. フランパンに、オリーブオイルと赤ワインで漬け込んだたまねぎを入れて、火にかけて、さいしょは中火で、しんなりしてきたら、弱火でじっくりと炒めます
  2. 圧力鍋に、下処理した牛すじ肉と炒めた野菜、スープの材料と赤ワインを加えます
  3. さいしょは強火で、ピンがふれたら、弱火にして30分煮込みます
  4. 加圧が下がって、ふたが開けられたら、3ににんじんとペコロス、マッシュルームを加えます
  5. 4に、デミグラスソースとケチャップを加え、弱火で、1時間半煮込みます
  6. バターと塩・コショウで味を調えて、器に盛ります

圧力鍋を使わない場合は、2時間ほどコトコトと煮こんでくださいね。その後、野菜とデミグラスソースを加えて、1時間半煮込みます。

check !

牛すじ肉の下処理の方法 は、こちらの記事をご参照ください。

 牛すじ肉の下処理の方法

スポンサーリンク

 

さいごに

牛すじ肉のシチューのご紹介でした。

牛すじ肉は、下ごしらえに手間がかかるので、なかなか使う機会がないかもしれませんが、キロ単位で下ごしらえをして、使わない分は冷凍しておくということもできます。

よかったらお試しくださいね。

さいごまでご覧いただきまして、ありがとうございました。

 shopping!!

ハインツのデミグラスソースはこちらです。

スポンサーリンク