Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】【さんま】の梅煮の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

圧力鍋で骨までやわらかく!

f:id:miyamarin:20161110174947j:plain

秋の味覚を代表するさんま。塩焼きがいちばんおいしいかもしれませんが、他にもいろいろな調理方法があります。

たとえば、圧力鍋で煮ると、骨までいただくことができます。カルシウムをしっかりとって、健康な体を作りたいものです。

材料(2人分)

  • さんま1尾
  • 梅ぼし2個
  • 調味料
  • 大さじ2
  • しょうゆ・みりん各大さじ1
  • かぶるくらいの量

下ごしらえ:1尾魚

  1. さんまは水でよごれを取りのぞきます
  2. 頭を切り落とし、体の下側に包丁を入れて、はらわたを取り、よく洗って水けをとります
  3. 中骨ごと、筒切りをします
  4. 血合いが気になる場合は、水で洗い、キッチンぺーパーで軽く拭きます
  5. 梅ぼしは種を取りのぞきます

はらわたを取りのぞくとき、かなり血が出てくるので、注意してください。頭と尻びれのところに切れ込みを入れて、頭を引っ張ると、はらわたを引っこ抜くことができます。

作り方

f:id:miyamarin:20161110174311j:plain

  1. 圧力鍋に、秋刀魚と梅ぼしを入れて、かぶるくらいの量の水を入れます
  2. さいしょは強火で、圧がかかったら、弱火にして20分ほどゆでます
  3. 圧が下がって、ふたを開けられるようになったら、あくを取りのぞきます
  4. 調味料の材料を加えて、煮汁が少なくなるまで、煮詰めます
  5. 器に盛ります

圧力鍋をお持ちでない方は、こちらをご参照ください。

さいごに

さんまの梅煮のご紹介でした。圧力鍋を使うと、骨までいただくことができて、カルシウムが摂取できます。

さんまは、塩焼きだけでなく、いろいろな調理方法があり、それぞれとてもおいしくいただけるので、ぜひ試してみてくださいね。

おまけ:りんの独り言

今日は10日。このブログをはじめて、まる4か月が経ちました。

ブログを書くという作業にも慣れ、休むことも覚えて、いろんな焦りから解放されて、今はとても楽しくやっています。これも皆さまのおかげだと思っています。

ありがとうございます。

誤字脱字や文章、構成をチェックするために何度も読み返します。そのとき、いっしょにかならず読むのがブクマのコメント。

コメントをくださる相手の顔、アイコンだったり、わたしのイメージなですけどね、思い浮かべて、笑ったり、クスッとなったり、満たされたり。

こころのあるコメントって何回読み返しても、すごく温かいきもちになれるんです。

ほんとうにありがとうございます。

それに、「あとで読む」とか、「レシピ」って書いてあるの見るでしょう。同じ方が多いのです。アイコンに画像がなくても、idって覚えるものですね。

うれしくてたまりません。

そして検索でここを訪れてくださった方、どんな方かは存じませんが、きっとお料理がお好きな方でしょう。こんな家庭料理ですけど、お役に立つことができれば幸いです。

みなさん、心から感謝申し上げます。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

lots of love

りん