Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【さんま】の炊き込みご飯の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

さんまは塩焼きだけじゃない!

f:id:miyamarin:20161202150551j:plain

こんにちは。りんです。以前の記事で、さんまのかば焼きや梅煮、揚げしんじょうなどを、ご紹介させていただきました。炊き込みご飯も最高なんですよ。ゆで鶏やゆで豚などの出汁を使うと、なおコクが出ておいしく炊きあがります。

さんまは塩焼きをされることが多いと思いますので、三枚おろしはあまりされないかもしれませんね。

炊き込みご飯をつくるときは、かば焼きのときのように、おろすほうがよいと思います。では作り方をご紹介させてください。

材料(2人分)

  • さんま2尾
  • 2合
  • しょうが1かけ
  • だし(ゆで汁)2合分
  • 調味料
  • 大さじ2
  • しょうゆ・塩各小さじ1
  • 山椒適宜

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20161202151913j:plain

  1. さんまはさっと水で洗い、頭を落とし、はらわたを取り、ていねいに水で血や汚れを洗い流し、水気をとります
  2. さんまを三枚におろし、塩をふり、焼きます
  3. しょうがは千切りにします
  4. 米は炊く30分前に洗って、ざるにあげておきます
  5. 調味料の材料を合わせます

だしはゆで汁を使うと、よりおいしくなります。こちらをご参照ください。

作り方

f:id:miyamarin:20161202152458j:plain

f:id:miyamarin:20161202152722j:plain

  1. 炊飯器に、米とだしを入れます
  2. 調味料を加えて混ぜます
  3. さんまを米の上にていねいにおきます
  4. 炊飯器のスイッチを入れます
  5. 炊き上がったら15分蒸らします
  6. さんまを取り出し、気になる骨を取りのぞき、4等分に切ります
  7. 茶碗によそい、お好みで山椒をかけます

炊き上がった時、しゃもじでざっくりと混ぜ合わせないようにしてください。取り出して、よそうときに一枚一枚、加えていくときれいに盛りつけることができます。

炊き込みご飯に大活躍のゆで汁について

炊き込みご飯をつくるときは、かならずゆで鶏やゆで豚、また牛すじのゆで汁を使います。味がけっこうこってりして、パンチのあるものになります。

ゆで汁は、冷凍にしておいてもよいですし、すぐ炊き込みご飯を作る予定であれば、冷蔵保存をします。

上品に仕上げたいときは、昆布を水にもどしただしでお作りくださいね。

さいごに

さんまの炊き込みご飯のご紹介でした。

旬のお魚はほんとうにおいしいので、その時にちょっと多めに買ってきて、内臓など取りのぞき、下ごしらえをしてから冷凍保存をしてください。

塩焼きがいちばんおいしいと思いますが、炊き込みご飯にしたり、かば焼きにしたりいろいろな調理法があります。ぜひ試してくださいね。

皆さんの食卓に、温かいご飯が並びますように。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

よい週末をお過ごしください。

f:id:miyamarin:20161202163524j:plain