たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】【牛すね肉】と里芋の煮込み(煮物)の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

すね肉はすじ肉よりリッチなお肉!

f:id:miyamarin:20161203132143j:plain

こんにちは。

里芋と牛すね肉の煮もののご紹介です。味のつけは牛すじ肉の煮込みと同じです。

よかったら、お試しくださいね。

材料(2人分)

  • 牛すね肉(下ごしらえ済)150g
  • 里芋10個
  • 青ねぎ2本
  • 煮汁
  • だし150ml
  • しょうゆ大さじ2.5
  • 砂糖・みりん各大さじ1.5

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20161203134332j:plain

f:id:miyamarin:20161203134343j:plain

  1. 下ごしらえをしたすね肉とゆで汁を準備します
  2. 里芋は皮をむいて、水で洗い、塩をふり全体をもみます
  3. 青ねぎを小口切りにします

牛すね肉の下ごしらえはこちらをご参照ください。

 【牛すね肉】の下処理(下ごしらえ)の方法 - たにまのひめゆり

スポンサーリンク

 

作り方

f:id:miyamarin:20161203134358j:plain

f:id:miyamarin:20161203134430j:plain

  1. すね肉と煮汁の材料を入れて、強火にかけます
  2. 里芋を加えます
  3. 沸騰したら、弱火にして20分ほど煮込みます
  4. 里芋に火が通ったか確認します
  5. 器に盛って、青ねぎを散らします

里芋に味がしみ込ませるために、1度冷ましてください。時間をかけてしっかりと中に味を入れていきます。

圧力鍋の選び方

わたしが使っている圧力鍋は、ワンダーシェフの古いものなので、かなり低圧です。78kpa(約118℃)の温度です。すじ肉を柔らかくするには、45分ほどかかります。

しかし最新のものは、140kpa(126℃)の温度で、かなり高圧です。

もしこれから購入を考えていらっしゃるかたは、高圧のワンダーシェフフィスラーがおすすめです。詳しくはこちらにご紹介しておりますのでご覧くださいね。

さいごに

牛すね肉と里芋の煮込みのご紹介でした。すね肉は圧力鍋の下処理でかなり時間をかけると、パサパサした感じがなくなり、おいしくなります。

すじ肉より、赤身がほとんどなので、あっさりしています。もちろん価格が倍以上するので、リッチなお肉ですよね。

おいしいのでぜひ、作ってみてください。

さいごまでご覧いただきまして、ありがとうございました。