Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】牛すね肉の簡単な赤ワイン煮込みの作り方(レシピ)

圧力鍋レシピ 煮物・煮込み

スポンサーリンク

おばあちゃんのレシピノート:牛肉の赤ワイン煮

f:id:miyamarin:20170221151619j:plain

こんにちは。りんです。前回に引き続き、リッチな牛すね肉の登場です。この赤ワイン煮込みを作りたいがために、すね肉を買ってきました。シチューやカレーにすね肉を使うこともありますよね。おいしいですよね。牛すじ肉とはまた違ったおいしさがあります。

おばあちゃんのレシピノートからのご紹介です。おいしいのでぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人分)

  • 牛すね肉(下処理済み) 450g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ニンニク 1かけ
  • 野菜
  • じゃがいも2個
  • にんじん1本
  • 小玉ねぎ4個
  • マッシュルーム1パック
  • ブロッコリー1/4個
  • トマト 1個
  • トマトピューレ(トマト缶) 1カップ
  • トマトケチャップ 大さじ2
  • ローリエ 1枚
  • 赤ワイン 2カップ
  • スープ 2カップ
  • バター 大さじ1
  • 塩・コショウ 適量
  • グラスドビアン(あれば) 大さじ1
  • 生クリーム 適宜

野菜はお好みで加えてください。わたしはマッシュルームしかいれないのですが、おばあちゃんはいろんなお野菜を入れていました。

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170221151647j:plain

f:id:miyamarin:20170221151713j:plain

  1. 玉ねぎとにんにくはみじん切りにして、赤ワインに1晩漬け込みます
  2. すね肉は下処理をしたものを使います
  3. マッシュルームの石づきをとり、水洗いをしないで、キッチンペーパーで軽く汚れをふき取ります
  4. 野菜を水で洗います
  5. じゃがいもはひと口大に切り、水にさらします
  6. にんじんは乱切りにします
  7. ブロッコリーはたっぷりのお湯で2分間ほどゆでます
  8. トマトは皮をむいて、種を取り、さいの目切りします(1cm角)

スープは、水とビーフコンソメで作ってもよいのですが、すね肉を下処理したときのゆで汁を、水の代わりに使うとよりおいしくできあがります。すね肉を冷蔵庫で保存していると、脂肪分が冷やされて結晶化した白いものがでてきます。取りのぞいてくださいね。

作り方

f:id:miyamarin:20170221151911j:plain

f:id:miyamarin:20170221151954j:plain

f:id:miyamarin:20170221152035j:plain

  1. 赤ワインで漬け込んだ玉ねぎとにんにく、オリーブオイルをフライパンに入れ、弱火で、あめ色になるまで炒めます
  2. トマトピューレとケチャップ、刻んだトマトを入れて、焦がすように炒めます
  3. 鍋に、1と2、すね肉、ブロッコリー以外の野菜、マッシュルーム、ローリエを入れます
  4. 赤ワインとスープを加えます
  5. あればグラスドビアンも加えます
  6. さいしょは強火で、そのあと30分ほど弱火で煮込みます
  7. 野菜が柔らかくなったら、バターを加えて、塩コショウで味を調えます
  8. 器に盛り、ブロッコリーをそえます
  9. お好みで生クリームをかけます

煮込む時間は、味見をしながらおこなってください。野菜の火の通り具合もお好みがあります。

牛すね肉の下処理の方法

こちらの記事に書いておりますので、ご参照ください。

おばあちゃんのレシピと少々異なる点:グラスドビアン

 

お野菜を入れなかったり、スープも違ったり、かなりアレンジをしています。

おばあちゃんのレシピでつくると、けっこうさっぱりとした味になります。わたしはもっとこってりとさせたいので、煮込み時間もかなり長くします。

水の代わりに、牛すね肉を煮込んだときのゆで汁を使います。

ちょっと隠し味に入れるものがあるのです。

「グラス・ド・ビアン」です。

これを加えることで、しっかりとした味つけになり、コクがでます。

わたしは朝岡スパイスを愛用しておりますが、他のメーカーでもたくさん出ています。マスコットもコンソメを使っていますし、ハインツはおなじみです。

グラスドビアンは、シチューなどの煮込み料理やステーキソースに加えると、本格的な味になり、最高のエキスだと思います。

お使いになったことのない方は、ぜひ試してみてください。

大さじ1ほどの隠し味として使うので、マスコットは便利です。

缶詰だと使い切れないので、ジップロック(小)に入れて冷凍するとよいです。

さいごに

牛すね肉の赤ワイン煮込みのご紹介でした。冬になると鍋を作られる方が多いですよね。我が家は、煮込み料理が断然、多くなります。体の中から温めてくれるお料理は、冬の食卓にはかかせません。

お料理はちょっとした手間やひと工夫で、何倍にもおいしくなるものです。ぜひ、この機会に、グラスドビアンを使ってみてください。

外食より、お家料理のほうが好きになりますよ。きっと。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク