Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【化繊アレルギー】おすすめインナー:ヒートテックでかゆくなる方へ

ファッション

スポンサーリンク

防寒対策にインナーはとても重要!

f:id:miyamarin:20170104115722j:plain

肌着だけでなく、ロングTシャツや靴下、レギンス、ルームウェアまで、幅広く展開されている、ユニクロのヒートテック。安くて丈夫で暖かい、多くの方々が愛用されています。しかしアレルギーをもっているわたしは、残念ながら、着るとかゆくなってしまうんです。

化繊アレルギーというものでしょうか。化繊は天然のものより、機能面で優秀なところがたくさんあります。吸湿性や保温性、軽い、しわになりにくいなど。またガンガン洗濯しても丈夫です。

しかしアレルギーだから仕方がありません。乾燥がひどくなる冬は、とくに化繊を着ると、赤くなったり、かゆみやじんましんが出たりします。

同じ悩みをお持ちの方に、わたしが愛用しておりますインナーをご紹介させていただきたいと思うので、よろしくお願いいたします。

インナー(肌着)のおすすめ

綿100%

綿100%です。色は6種類あります。グンゼというメーカーはご存知でしょうか。下着メーカーの老舗なので、安心できます。

B.V.Dはニューヨークのメーカーで、シンプルな商品が多いです。綿100%です。肌側は起毛加工していて、やわらかく肌触りがとてもきもちがよいです。

福助という日本のメーカーです。スーピマコットンは高級コットンのひとつで、とても上品な光沢をしています。こちらも肌側は起毛加工をしています。色は4種類あります。

シルク100%

シルク100%ですが、これはニット絹糸で、綿のようなかんじです。手洗いをせずに、洗濯機で洗えます。綿のものと比べると、価格が何倍も違いますが、やはりシルクは暖かいです。

ヒートテックのように、発汗を利用して発熱するものではないので、汗をかきにくい、冷え症の女性には、シルクがおすすめです。

こちらは、形違いです。タンクトップだと値段が安くなるので、わたしはこちらを使っています。タンクトップでも暖かいんですよ。侮れません。

コットンシルク

先日、これを購入しました。シルク70%とコットン30%です。ものすごく暖かい。リブになっているので、体にフィットします。シルクが多い方が暖かいのでしょうか。専門家ではないので、わからないのですが、ほんとうにおすすめです。

綿100%のものもよいのですが、薄くて暖かいという意味では、こちらに軍配が上がります。

さいごに

天然素材のインナーのご紹介でした。コットンのものやシルクのものを上手に使い分けながら、体を冷やさないように心がけたいものです。

アレルギーでかゆくなる方、お察しいたします。辛いですよね。肌の状態で、ひどくかゆくなるときや全く何ともないときもあり、アレルギーってやっかいです。

寒い冬、かゆみを気にすることなく、楽しく過ごされることを祈っております。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。