Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

鴨肉【せり鍋】の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

宮城特産物である「せり」を使った鍋

f:id:miyamarin:20170109130909j:plain

せりの根っこまでいただく、宮城の「せり鍋」。鴨のコクのあるスープに、シャキシャキした食感がたまらない、この上なくおいしいお料理。はまること間違いありません。

本場のせり鍋とは少々違うかもしれませんが、ご紹介させてくださいね。

材料(2人分)

  • 鴨肉 200g
  • せり 1束
  • ごぼう 1/2本
  • 白ねぎ 1/2本
  • 適量
  • 昆布だし 1L
  • 調味料
  • しょうゆ 50ml
  • 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • コショウ 適量
  • かんずり 適宜
  • ゆずコショウ 適宜

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170109133602j:plain

  1. 鍋に昆布と水をいれて、30分ほどおきます
  2. ごぼうはたわしで洗い、ささがきにして、酢水につけてあくを抜きます
  3. せりの根っこは、歯ブラシを使って、ていねいに泥を落とし、10cmほどにそろえて切ります
  4. 白ねぎは厚さ1mmほどの斜め切りをします

作り方

f:id:miyamarin:20170109133613j:plain

f:id:miyamarin:20170109143111j:plain

  1. 鴨肉は塩をふって、軽くフライパンで片面だけ焼きます(お好みで)
  2. 昆布だしの鍋を火にかけ、調味料の材料を入れて、煮立たせます
  3. 鍋に、鴨肉とせりの根っこを入れた後、他のお野菜を加えて、さっと煮ます
  4. 器に取り分けて、お好みでコショウやかんずりでいただきます

鴨肉をかたまり肉で購入されたなら、脂身のところを焼きつけるとよいと思います。昆布は沸騰する直前に取りのぞいてください。

せり鍋とわたし

スポンサーリンク

 

せり鍋を知ったのは、お店でもなく、仙台に住んでいる友だちからのメールでした。せりの根っこの下処理が大変だけど、おいしいですよと。

せりというと、七草粥しか頭になかったので、せりのお鍋が全く想像できませんでした。

それから、仙台せりと鴨肉を探し回りました。せりは案外すぐにスーパーで見つけられました。鴨肉はスーパーで年末は見ましたが、おいてなくて困りました。

先日、デパートの食品売り場のお肉屋さんの前を通ったら、鴨肉発見!けっこうお高いですね(笑)

せりはデパートの食品売り場のもののほうが、根っこが長く、しっかりしていました。スーパーより100円高い!(笑)

2017年、せり鍋を作ることになりました。初体験です。

せりは七草のひとつ

春の七草を使った「七草粥」。1月7日に無病息災を願っていただくものです。

子供のころ、リズムで暗記しました。

すずな すずしろ ほとけのざ

ごぎょう はこべら

せり なずな

案外覚えているもので、笑ってしまいます。みなさんはどのような順番で覚えましたか。

さいごに

せり鍋のご紹介でした。せりの根っこはごぼうのように、シャキシャキしておいしいです。また鴨からでるスープが濃厚でたまりません。鍋のあとは、雑炊やお蕎麦などを入れて、2度も楽しむことができます。

今年の冬は、お家でぜひ、せり鍋を召し上がってくださいね。おすすめですよ。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク