たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

たらとたらこ魚介たっぷりの【キムチ鍋】の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

たらとたらこの親子キムチ鍋

f:id:miyamarin:20170121203919j:plain

寒い日々が続きます。そういうときこそ、鍋ですよね。芯まで温まる、魚介のうまみたっぷりのキムチ鍋のご紹介です。試してみてみくださいね。

材料(2人分)

  • 生たら 2切れ
  • たらこ 1腹
  • あさり 200g
  • 豚薄切り肉 100g
  • 白菜 1/6本
  • にら 1束
  • まいたけ 半パック
  • キムチ 200g
  • スープ 300ml
  • 調味料
  • コチュジャン 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 小さじ1
  • ニンニク 1かけ
  • たかのつめ 小さじ1
  • 白飯 茶碗1杯分
  • 溶き卵1個

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170116114326j:plain

f:id:miyamarin:20170116114446j:plain

f:id:miyamarin:20170116114453j:plain

  1. あさりは、ひたひたの塩水に2時間つけて、塩抜きをします
  2. たらは、一口大に切り、塩をふり、10分置き、霜降りをして、流水でうろこをなでて取りのぞきます
  3. お野菜ときのこは適当な大きさに切りそろえます
  4. たらこは3cmの長さに切ります
  5. ニンニクは薄切りにします
  6. 調味料の材料を合わせます

あさりの塩水は、200mlにつき、6gの塩を加えます。小さじ1強です。

作り方

f:id:miyamarin:20170116120335j:plain

f:id:miyamarin:20170116120356j:plain

f:id:miyamarin:20170116120412j:plain

f:id:miyamarin:20170116120426j:plain

  1. 熱したフライパンに、ニンニクとたかのつめを入れて、香りが立つまで炒め、豚肉を加えて、炒めます
  2. 豚肉の色が少し変わったら、たらこを加え炒めます
  3. 鍋に2とスープ、調味料を加え、煮立たせます
  4. あさりとたらを入れて、キムチ、お野菜の順に加えて、鍋のふたをします
  5. 鍋から蒸気が出たら、ふたをあけます
  6. 器に盛ります

スープと調味料が煮立ったら、味見をしてみてください。濃い薄いなどお好みがあると思うので、調整をお願いいたします。また味噌は、豆板醤やコチュジャンではなくても、合わせ味噌で代用されてもおいしいです。

番外編:キムチ鍋のあとのおじやの作り方

f:id:miyamarin:20170121204559j:plain

f:id:miyamarin:20170121204820j:plain

f:id:miyamarin:20170121204828j:plain

  1. キムチ鍋の残り汁を沸騰させ、白米を加えて煮立たせます
  2. 火を止めて、溶き卵をのの字に入れます
  3. ふたをして、1分間蒸します
  4. 器に盛ります

キムチ鍋について

今や、どこのご家庭でもキムチ鍋をされるかと思います。トマト鍋や餃子鍋もいずれ、キムチ鍋くらいに格上げされるのでしょうか(笑)

キムチ鍋は日本独自のものであり、韓国料理のキムチチゲから派生してものでしょうが、調理法が異なります。キムチチゲは肉やキムチを炒めてから、鍋に入れます。

今回、ご紹介させていただいたキムチ鍋も、肉を炒めます。これはわたしが、東京の母と慕う人から教えていただきました。

彼女が作ってくださるお鍋はもっと海鮮がたっぷり入っています。皆さんもお好きなものを入れて作ってみてください。

さいごに

キムチ鍋のご紹介でした。キムチの唐辛子にはカプサイシンがたっぷり含まれています。代謝を高め、脂肪を燃焼してくれます。あつあつのお鍋を家族や友だちと囲みながら、楽しい時間をお過ごしください。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。