Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

味噌だれ和風ハンバーグの作り方(レシピ):高野豆腐でかさ増し節約!

肉料理 焼き物

スポンサーリンク

節約かさ増しレシピ:高野豆腐を使ったハンバーグ

f:id:miyamarin:20170317185246j:plain

こんばんは。

高野豆腐を使った、節約、健康、ヘルシーなお料理にはまっております。やはりひき肉との相性はかなりよいです。もはやお肉100%のハンバーグといっても、ほとんどの方がわからないのではないかと思います。

ポイントは高野豆腐をフードプロセッサーで細かく、そして空気を含ませて、みじん切りをすることですね。

よかったら、試してみてくださいね。

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉120g
  • 高野豆腐60g
  • 50g
  • 玉ねぎ1/4個
  • 牛乳大さじ1
  • 1個
  • 塩・コショウ適量
  • 味噌だれ
  • だし汁1/4カップ
  • 味噌大さじ1
  • 大さじ1
  • みりん大さじ1/2
  • 付け合わせ適宜

下ごしらえ

1

f:id:miyamarin:20170317185324j:plain

  1. 高野豆腐はお湯でもどし、水気をしぼり、みじん切りにします
  2. 麩は、水でもどし、水気をしぼり、牛乳を入れて浸しておきます
  3. 玉ねぎはみじん切りします
  4. 味噌ソースの材料を合わせます

2

f:id:miyamarin:20170317185535j:plain

f:id:miyamarin:20170317185625j:plain

f:id:miyamarin:20170317185647j:plain

  1. 熱したフライパンで、玉ねぎをじっくりとあめ色になるまで炒めます
  2. ボウルに、ひき肉と高野豆腐、麩、玉ねぎ、卵を入れて、塩・コショウをして、ねばりが出るまでしっかりと練ります
  3. たねをしばらく冷蔵庫で寝かせます

2の作業がいちばん大切です。5分は軽く練り混ぜました。手に絡みつくくらい練るとおいしくできあがります。

作り方

スポンサーリンク

 

和風ハンバーグ

f:id:miyamarin:20170317185852j:plain

f:id:miyamarin:20170317185910j:plain

f:id:miyamarin:20170317185931j:plain

  1. 熱したフライパンに、ハンバーグのたねを置きます
  2. 最初は強火で裏面を焼き、裏返しにして、弱火にして、アルミホイルをかぶせ、3分焼きます
  3. 中まで火が通っているか確認します
  4. 器に盛って、ソースをかけます

アルミホイルではなく、ふたをお使いになっても大丈夫です。

味噌だれ

f:id:miyamarin:20170317185945j:plain

f:id:miyamarin:20170317190001j:plain

  1. 味噌だれの合わせた調味料を鍋に入れて、ゆっくりと弱火で煮詰めます
  2. 5分ほど、へらで練りながら混ぜます
  3. とろみが出てきたら、できあがりです

味噌だれの味噌は名古屋の八丁味噌を使いました。最近、このお味噌にはまっています。すごくおいしいです。和風ハンバーグのソースは、大根おろしにポン酢でもおいしいと思います。

高野豆腐を使ったその他のレシピ

どのお料理も高野豆腐が入っていることに全く気が付きません。よかったら、試してみてくださいね。

やっぱり万能なクイジナートのフードプロセッサー

0.5Lと少量しかみじん切りできませんが、アメリカの業務用フードプロセッサーの半分以上のシェアをほこる「クイジナート」のミニであれば、手に入れやすい価格です。しかも場所を取らないし、可愛いのがたまりません。

さいごに

高野豆腐入りの和風ハンバーグのご紹介でした。

おばあちゃんのレシピが、節約レシピに様変わりです。でも基本はありつつ、こうやってアイデアで料理が広がっていき、楽しく作ることができているので、きっとよいことですよね。

よかったら、試してみてくださいね。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

おまけ:りんの独り言

最近、いろんなジャンルの本を読んでいます。そして、その年代ごとに、生きる楽しみ方がそれぞれあるということを、仲良くしていただいている方々から教わりました。心のあり方も変わっていくのでしょう。

そんなことを思いながら、日々を過ごしていると、穏やかな気持ちになります。

明日から3連休ですね。よい休日になりますように、お祈り申し上げます。