たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

うずらの卵のゆでる時間

スポンサーリンク

うずらの卵の下ゆで方法

f:id:miyamarin:20170418184129j:plain

うずらの卵

こんにちは。

うずらの卵は、お料理にお使いになりますか。

わたしは、酢鶏を作るときに使います。ただうずらの卵だともの足りないので、さいきんは通常の卵を使うようになりました。

たまにはうずらで作ろうかなと思い、ゆでました。

ゆで時間など、ご参考になればうれしく思います。

材料(2人分)

  • うずらの卵1パック
  • 適量

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170418185313j:plain

f:id:miyamarin:20170418185323j:plain

f:id:miyamarin:20170418185330j:plain

f:id:miyamarin:20170418185339j:plain

f:id:miyamarin:20170418185344j:plain

  1. 鍋に1cmほどの水を入れて、沸騰させます
  2. 沸騰したお湯の中に、そっとうずらの卵を入れていきます
  3. ふたをして、弱火で2分ゆでます
  4. 火からおろし、ふたをしたまま、5分ほど放置します
  5. 冷水にとります
  6. ていねいにむきます

うずらの卵は、ゆでる前に、必ず常温に戻してくださいね。またこのゆで時間はしっかりと黄身が固まっています。

さいごに

うずらの卵の下ゆでのご紹介でした。

こういう細かい作業を黙々とするのが好きです。たとえば、もやしの根きりや千切りなど。

今は、レトルトなど、便利なものが売っているので、そちらを使う方が楽かもしれませんが、ゆで時間によって、黄身の固さを調節できるところが楽しいですよね。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

 shopping!!

こういうのですよね。買い置きしていると便利です。

スポンサーリンク

 
りんの独り言

うずらの卵をむいているときに、愛犬が粗相をしちゃいました。今年、12歳です。そろそろいろいろ出てくるのではないかなと思います。老後も健やかに、穏やかに過ごしてもらいたいものです。

さて、いつも仲良くしてくださっている『ベルギーの密かな愉しみ』のセネシオさまに、お見せしたいものがあります。

f:id:miyamarin:20170418193147j:plain

お話していた箱です。すごく繊細で、何ともいえぬ柄なのです。きっとセネシオさまもお好きに違いないと思います。

皆さまが、朗らかに過ごせますように、心よりお祈りいたします。