たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

たこと大葉のチャーハンの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

梅肉で味つけたたこのチャーハン

f:id:miyamarin:20170529215121j:plain

たこと梅の組み合わせ

こんにちは。

夏野菜の大葉を使ってチャーハンが作りたいなと思いついたのが、たこと梅のチャーハンでした。

えびよりたこ派のわたし。みなさんはどちらがお好きでしょうか?

よかったら、お試しくださいね。

材料(2人分)

  • たこ150g
  • 大葉5枚
  • 水菜1束
  • 青ねぎ3本
  • 白ねぎ1/4本
  • 白飯茶碗2杯
  • 梅ペースト大さじ1~1.5
  • 塩・こしょう適量
  • 胡麻油適宜

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170529215349j:plain

  1. 三つ葉大葉は1cmほどに切りそろえます
  2. 白ねぎは粗めに千切りをします
  3. 青ねぎは小口切りをします
  4. たこは1cmくらいに切ります

作り方

f:id:miyamarin:20170529215414j:plain

f:id:miyamarin:20170529215447j:plain

f:id:miyamarin:20170529215509j:plain

  1. 白ねぎと三つ葉、大葉を軽く炒め、たこを加えます
  2. 白飯を入れて、手早く切るように混ぜ合わせます
  3. 青ねぎを半分加えます
  4. フライパンを火からおろし、梅のペーストを入れます
  5. 塩・こしょうで味を調えます
  6. 残り半分の青ねぎを加えて、器に盛ります
  7. お好みで、ごま油や胡麻を加えます

今回は、大葉や三つ葉も最初に炒めましたが、白ねぎだけ炒め、青ねぎを半分加えるところで、大葉や三つ葉を加えてもおいしいと思います。

スポンサーリンク

 

 shopping!!

岩塩は、日本で採掘することができません。また天日塩も日本では作ることができません。どちらも海外からの輸入品です。純国産になると、かなり限られてきます。海水を煮詰める製塩法が主流です。しかし安いものになると、海外から天日塩を輸入して、溶かして炊きなおしているものもあります。

今回、ご紹介するお塩は、日本の海水を煮詰めて作られたおすすめのお塩です。

伊勢志摩国立公園の二見浦 神前海岸に湧き出している海水を、じっくりと鉄平釜で煮詰めたものです。かなり高価なので、塩おむすびに使うくらいしかできませんが、ものすごくおいしいです。

久米島の海洋深層水を土釜製法で煮詰めたものです。こちらも高価なので、ふだん使いの塩というよりは、おにぎりや天ぷらのつけ塩でいただくのがよいかと思います。

さいごに

大葉と三つ葉、たこのチャーハンのご紹介でした。和風チャーハンはさっぱりとしています。また梅のペーストを入れることで酸味が加わり、食欲が増します。

これから大葉が安くなってきます。薬味として、冷や奴や素麺などに使うとおいしいですよね。

よかったらお試しください。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。