たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

インテリア:ウィンドウトリートメントで広い空間を演出する!

スポンサーリンク

カーテンは部屋のイメージに大きく影響

f:id:miyamarin:20170722194134j:plain

カーテンで空間を広く見せる

こんにちは。

料理やお洋服以外に好きなもの、それはインテリアです。

インテリアの本を買っては、好きなところに付箋をつけて、雑誌を買っては、スクラップをしていました。

いちばんのお気に入りのインテリアコーディネーターは、さいしょに買ったインテリアの本の著者です。

少しずつですが、彼女が作ってくださった、わたしのお家をご紹介したいと思います。よかったらご覧ください。

インテリアのカーテンの役割

お部屋をぐるっと見渡すと、カーテンの面積がかなり占めているのがわかります。海外の窓と違って、日本の家は窓がとても大きいので、インテリアに大きく影響します。

カーテンの装飾を、『ウィンドウトリートメント』と呼びます。

  ドレープカーテン

  ローマンシェード

  ロールスクリーン

  ブラインド

このような種類があり、布地によってイメージが変わります。重厚感やカジュアル、ゴージャス、モダン、いろんな雰囲気を作り出します。

カーテンは、部屋の印象をつくる重要な役割を持っています。

カーテンの選び方

カーテンの丈は長めに

天井から床まで、カーテンで覆います。また丈を長めに作ります。

ジャストサイズより、7cmから10cm

裾にボリュームを持たせると、縦のラインが強調されて、天井が高く見え、空間がより広く感じます。

f:id:miyamarin:20170722200900j:plain

(マナトレーディングというメーカーのリネン100%の布です)

また裾が長いと、エレガントさが生まれます。

欠点は、お分かりかと思いますが、ほこりが溜まりやすいので、毎日の掃除は欠かせません。

外側のカーテンは長めに、内側のレースのカーテンは、ジャストサイズにします。

カーテンの布と色

日本の家の壁は、白が多いので、カーテンをニュートラルカラーにすると広々とした空間になります

リネンのカーテンにすると、カジュアルな雰囲気になります。

ゴージャスにしたいのであれば、ベルベット。エレガントにしたいのであれば、タフタという素材。

どのような部屋にしたいのかを決めて、カーテンの布を選びます。

 shopping!!

ネットでカーテンを注文することができます。既製品とオーダーカーテンをご紹介させてください。

既製品のカーテンです。2cm弱ほど丈が長いものです。

オーダーカーテンです。

スポンサーリンク

 

さいごに

部屋のイメージに大きく影響するカーテンのご紹介でした。

カーテンは、長さや布、色を工夫することによって、広々とした空間を作り出すことができます。

作りたい空間を決めて、カーテンをお選びください。居心地のよいお部屋になりますように。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

my room  

参考にさせて頂いた本です。インテリアについてのセオリーが書かれています。

わたしの愛読書です。

美幸さん、あなたが作ってくださったお部屋は、世界でいちばん居心地のよい場所になりました。この部屋で、穏やかに過ごしています。美幸さんのおかげです。本当にありがとうございました。どうか安らかにお眠りください。

スポンサーリンク