たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

エイジングケアのレシピ:ひじきと大豆の煮もの

スポンサーリンク

アンチエイジングの食事

f:id:miyamarin:20170721220958j:plain

食事から体を変えていく

こんにちは。

30代後半から、徐々に体に変化が起こり始めます。そして40代後半には、更年期にさしかかります。

様々な心と体の不調に、どう向き合っていくかを考えるとき、食事の改善がとても大切になっていきます。

好きなものをおいしくいただくというのが、健康の秘訣だと思っているので、食事制限はあまりしません。

ただ、不足しやすいミネラルビタミンDは積極的に摂るようにしています。

この煮物の味付けは、おばあちゃんのレシピからです。1週間に一度は作る料理です。

よかったら、お試しくださいね。

材料(2人分)

  • ひじき50g
  • 大豆60g
  • じゃがいも2個
  • にんじん1/2本
  • さば缶1缶
  • 調味料
  • だし汁300ml
  • みりん大さじ1.5
  • しょうゆ大さじ2.5
  • 大さじ2
  • 砂糖大さじ1

ここにしいたけや高野豆腐を加えることもあります。

下ごしらえ

  1. じゃがいもは、皮をむき、さいの目に切って、水に10分さらします
  2. にんじんは、皮をたわしで洗い、同じくさいの目に切ります
  3. ひじきはもどします

大豆はパックのものを使っています。にんじんの皮は軽くたわしで汚れをとるくらいにしてください。

作り方

f:id:miyamarin:20170721222222j:plain

f:id:miyamarin:20170721222531j:plain

f:id:miyamarin:20170721222613j:plain

  1. 鍋にすべての具材と調味料の材料を入れます
  2. 沸騰したら、あくを取りのぞきます
  3. 30分煮込みます
  4. 蓋をして、味を含ませます
  5. 器に盛ります

味が薄いようなら、調味料を足してください。

スポンサーリンク

 

 shopping!!

水煮の大豆は便利なので、よく使います。

ひじきは煮物だけでなく、お味噌汁や卵焼きにも入れています。栄養価が高いので、必ず常備しています。

ドライパックになっているひじきは、時短になります。

さいごに

エイジングケアに必要な栄養素がたっぷりと入った食材を集めた煮物です。

食生活を見直し、生活リズムを整えることによって、心身の不調を改善することができます。ちょっとした小さなことですけど、気にかけることが大切ですよね。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク