たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】真いわしの梅煮の作り方:エイジングケアのレシピ

スポンサーリンク

圧力鍋を使って骨までやわらかく!

f:id:miyamarin:20170810203518j:plain

青魚はやっぱり栄養価が高い!

こんにちは。

いわしには、EPAやDHAが豊富に含まれています。悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにして、脳の機能を高めます。

まさに、アンチエイジングの食材です。

鉄分やカルシウムも豊富で、その吸収を助けるビタミンDも含まれています。

大人も子供も日常的に取りたい食材です。焼き魚にするのもおいしいですが、圧力鍋で骨まで柔らかく煮るのが大好きです。

よかったらお試しくださいね。

材料(2人分)

  • 真いわし4匹
  • 梅干し3個
  • 煮汁
  • しょうゆ大さじ4
  • みりん大さじ3
  • 大さじ1
  • 100ml
  • ふり塩適量

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170810203530j:plain

f:id:miyamarin:20170810203540j:plain

  1. 真いわしは、キッチンペーパーで汚れを拭き、はらわたを取りのぞき、水で洗います
  2. 水気を切り、両面にふり塩をして、20分置き、水分をしっかりとふき取ります

はらわたをとるときは、えらをめくって、キッチンバサミで中身をバチンと切ると、はらを切ったときに、はらわたが取りやすくなります。

塩は、パウダー状のものが浸透性もよく、水分によって臭みも流れていきます。

作り方

f:id:miyamarin:20170810203550j:plain

f:id:miyamarin:20170810203602j:plain

  1. 圧力鍋に、クッキングシートを敷いて、いわしを並べ、梅干しを入れます
  2. 煮汁の材料を入れて、圧力鍋のふたを閉めて、ピンが振れたら、弱火で50分煮ます

圧力鍋の種類によって時間がかなり変わってきます。わたしが使っているのはかなり古いものなので、1時間弱煮込みました。

  【圧力鍋】を選ぶときのポイントとおすすめメーカー

Check ! !

その他の圧力鍋を使ったお料理をご紹介しております。よかったらご覧くださいね。

 【牛すじ肉】煮込みカレーの作り方:牛すじ肉は冷凍しておくと便利!

 たこのトマト煮込みの作り方

 shopping!!

魚の下ごしらえに使いました。にがり成分が、浸透して、魚の臭みとともに脱水してくれます。パウダー状なのでより浸透率が高くなります。

雑多なものが入った料理酒ではなく、清酒を使っています。こちらは煮物にとても適しています。ずっとこればかりです。

おなじみの本みりんですが、三河よりもこちらがおいしいと個人的には思っています。

しょうゆは地方やメーカーによって本当に味が変わります。基本的に濃口は香川県の小豆島、広島、和歌山のものを使います。関西で育ったので、関西のしょうゆがいちばんおいしく感じます。いわゆる甘いしょうゆではありません。

スポンサーリンク

 

さいごに

いわしの梅煮のご紹介でした。

圧力鍋は、骨までやわらかくしていただきたい魚や、牛すじや牛すね肉の調理の時に大活躍してくれます。煮込み料理がお好きな方は、便利な鍋だと思います。

よかったらお試しくださいね。

さいごまでご覧いただきましてありがおうございました。

 

お手間を取らせますが、よかったらぽちっと応援してくださると嬉しいです  

にほんブログ村 料理ブログへ
 にほんブログ村