たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

エイジングケアのレシピ:モロヘイヤとタコのごま味噌和えの作り方

スポンサーリンク

ビタミンミネラルたっぷりのモロヘイヤのレシピ

f:id:miyamarin:20171004152110j:plain

発酵食品の味噌とごまでサビない体に

こんにちは。

米ぬかと同じく、味噌も発酵食品なので、抗酸化作用があります。またごまに含まれるポリフェノールにも、抗酸化作用があります。

ごま味噌和えにすることにより、食材にしっかりと調味料がからみ、豊富な栄養素を取り入れることができます。

美肌作りは、日々の食生活から。よかったらお試しくださいね。

材料(2人分)

  • モロヘイヤ1束
  • たこ100g
  • 和え衣
  • 白ごま大さじ3
  • 白味噌大さじ1
  • 砂糖小さじ1/2
  • だし汁20ml
  • 醤油数滴

モロヘイヤの代わりに、ほうれん草や春菊など、たこの代わりに、油揚げや椎茸など、いろんなバリエーションで。また、白味噌ではなく、いつもお使いのものでもおいしいと思います。

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20171004160007j:plain

  1. モロヘイヤは、茎と葉に分けてから洗います
  2. 鍋にひとつまみの塩を加えて、茎は1分、葉は20秒ほどゆでます
  3. 冷水にとり、水気をしぼり、切りそろえます
  4. たこは、食べやすい大きさに切ります

作り方

f:id:miyamarin:20171004160708j:plain

f:id:miyamarin:20171004160723j:plain

f:id:miyamarin:20171004160735j:plain

  1. だし汁以外の和え衣の材料を、ボウルに入れます
  2. 1をだし汁で、味見をしながら溶いていきます
  3. モロヘイヤとたこを加えて、混ぜ合わせます
  4. 器に盛ります

Check ! !

その他のエイジングケアのレシピも合せてご覧いただけると嬉しいです。

shopping!!

胡麻油で有名な九鬼のごまです。香りがとてもよいです。

京都の白味噌は甘みが強いです。わたしは好んで使っています。

信州の白味噌は、甘みが控えめで、お味噌汁の合せ味噌としてもお使いいだだけます。

スポンサーリンク

 

さいごに

モロヘイヤとたこのごま味噌和えのご紹介でした。

発酵食品である味噌と栄養たっぷりのごまは、美肌作りに効果があります。

よかったらお試しくださいね。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク