たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

オーガニック化粧品はほんとうに肌によいのか

スポンサーリンク

愛用中おすすめオーガニック化粧品:冬バージョン

f:id:miyamarin:20171222202219j:plain

冬には保湿力の高いオーガニック化粧品

こんにちは。

夏の疲れや気候の変化で、肌のゆらぎに悩まされていませんでしたか。

そういうときは、新しい化粧品を試さず、シンプルケアをします。

完全に気候が寒くなったら、保湿力の高い化粧品に変えましょう。

愛用のものをご紹介させてください。

よろしくお願いいたします。

オーガニック化粧品はほんとうに肌によいのか

ケミカルの基礎化粧品を使い続けて何十年。オーガニック化粧品を使い始めてから、数年が経ちました。

わたしの感想としては、肌に合うのであれば、あまりこだわり過ぎないほうがよいかなと。

化粧品の成分を見ても、どのような成分が、どの割合で入っているのか、どのような工程で作られているのか、判断することができません。

実際に肌につけてみて、すうっとなじむものであればよいのではないでしょうか。とにかく刺激の少ないものをお選びください。

オーガニック化粧品にして肌荒れがひどくなったパターン

肌にやさしい化粧品のおかげで、正常な肌のターンオーバーを取り戻し、いろんな種類のものを使わなくても、自らの力で潤う強い肌を手にしました。

しかし刺激が少ない分、とくに洗顔料の洗浄力が劣るのも事実です

固形石鹸は肌にやさしくよいのですが、小さい毛穴がたくさん集まっているフェイスラインなど、汚れをきちんと落とせていない場合があります。

少しずつたまった汚れは、皮脂とまざり、角質を厚くし、毛穴をふさぎ、肌にトラブルを引き起こします。

そんなとき、わたしがしていることは、ケミカルのクレンジングクリームでやさしくマッサージをして、念入りに泡立てた石鹸で洗います。

コスメデコルテかアルビオンのクリームがお気に入りです。

それでもよくならない場合は、市販のピーリング化粧品を使うのではなく、皮膚科でピーリングやイオン導入を行ってもらいます

生まれ変わる、極上肌。ビタミンA導入

肌のトラブルには必ず理由があります。

鏡でじっくりと肌を見つめてくださいね。

保湿力の高いオーガニック化粧水

普通肌敏感肌用があります。わたしは普通肌を使っています。香りがとてもさわやかでつけ心地もよいです

生理前でゆらぎ肌の時につけるケミカルな化粧水

Tゾーンにコットンパックします。つけている時間はたった5分。あまり長すぎると乾燥してしまいます。ケミカルなものですが、ロングセラーの商品で、優秀です。できそうなニキビに効果的です

敏感肌の方には刺激が強いので使用しないでください。

保湿力のあるオーガニック乳液

化粧水と同じメーカーであるアルテのものです。シリーズが違います。こちらのクリームは保湿力があり、冬に活躍してくれます。

f:id:miyamarin:20171222210206j:plain

1プッシュです。

f:id:miyamarin:20171222210323j:plain

手のひらに伸ばし温めて、顔にゆっくりとプレスします。見た目より伸びがよいです。 

乾燥のひどいときは、2プッシュします。

オラクルの美容液:年中愛用

お気に入りの美容液です。香りもテクスチャも満足しています。

f:id:miyamarin:20171222211010j:plain

1プッシュです。乳液よりやわらかめです。

f:id:miyamarin:20171222211040j:plain

手のひらで伸ばし温め、ゆっくりとプレスします。バラの香りで癒されます。美容液は毎日ではなく、肌状態がよいときのみ。生理前などは、シンプルケアです。

お気に入りのアルテのリップクリーム

このクリームは最強です。どの高価なものを使ってもぼろぼろにめくれあがっていた唇が、これを使うようになってからしっとり。手放せません。

f:id:miyamarin:20171222211520j:plain

けっこう派手な色ですが、色付きではありません。

このアルテのリップクリームと出会い、乳液、そして化粧水と使い始めました

Read more

オーガニック化粧品のその他の記事です。よかったらご覧ください。

スポンサーリンク

 

刺激の少ないオーガニック化粧品のまとめ

本格的に寒くなってくると、乾燥はますます悩みの種になります。

必要以上に、クリームを塗りこむ必要はないとおもいますが、適度に保湿力のあるものを使ってみてください。

今回おすすめしたものは、夏に使用しているものより保湿力が高く、また刺激の少ないものになっています。よかったらお試しくださいね。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク