たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

ミートソースパスタの作り方:スパゲッティ・ボロネーゼ

スポンサーリンク

かんたんだけど本格的なスパゲッティ・ボロネーゼ

f:id:miyamarin:20171230135025j:plain

ボロネーゼはそこまで手間がかからないパスタ

こんにちは。

いくつかパスタをご紹介させていただきました。

いちばん手間のかかるパスタは、ジェノベーゼではないかと思うのですが、皆さまはどう思いますか。

ボロネーゼは、みじん切りさえしてしまえば、そのまま順番に炒め、煮詰めていけばよいので、意外に簡単かなと思うのですが。

よかったらお試しくださいね。

材料(2人分)

  • パスタ(スパゲッティ)160g
  • 牛ひき肉200g
  • 豚ひき肉100g
  • 玉ねぎ15g
  • セロリ15g
  • にんじん15g
  • にんにく1かけ
  • ポルチーニ(干し椎茸)5g
  • ホールトマト(缶詰)200mg
  • 赤ワイン200g
  • バター大さじ2
  • エキストラバージンオリーブオイル大さじ2
  • パルミジャーノチーズの粉大さじ3
  • 塩・こしょう適量
  • 100ml

ミートソースの下ごしらえ

f:id:miyamarin:20171230142826j:plain

  1. ポルチーニ、もしくは干し椎茸を100mlの水で戻します
  2. 玉ねぎとセロリ、にんじん、にんにくをみじん切りにします
  3. 1のきのこが戻ったら、戻し汁は残して、きのこは粗みじん切りにします
  4. ホールトマト缶をフードプロセッサーで滑らかにします

ポルチーニではなく、干し椎茸を使っています。野菜はブイヨンの役割なので、ペースト状くらいにみじん切りにしてください。

ミートソースの作り方 1

おいしいひき肉の炒め方

f:id:miyamarin:20171230203030j:plain

f:id:miyamarin:20171230203051j:plain

f:id:miyamarin:20171230203206j:plain

  1. フライパンに油を入れて、弱火で牛ひき肉と豚ひき肉をほぐしながら炒めます
  2. 肉の色が変わり、水分が出てきたら、中火で水分をとばしながら炒めます
  3. 茶色になったら、フライパンからボウルにいったん取り出します

カリカリになりすぎないように、弱火から中火と炒めていきます。

みじん切りにした野菜のいため方

f:id:miyamarin:20171230203716j:plain

  1. 肉を炒めたフライパンを熱して、油を大さじ1ほど入れます
  2. 弱火で、みじん切りにした玉ねぎとセロリ、にんじん、にんにくを、火が通るまで炒めます

弱火で炒めることによって、うまみを出します。

ミートソースの作り方 2

f:id:miyamarin:20171230222545j:plain

f:id:miyamarin:20171230222600j:plain

f:id:miyamarin:20171230222616j:plain

f:id:miyamarin:20171230222638j:plain

  1. 炒めた野菜の入ったフライパンに、ひき肉を戻します
  2. 赤ワインを入れて、強火にしてアルコール分をとばします(20秒ほど)
  3. ペースト状にしたトマト缶とローリエを加え、混ぜます
  4. 粗みじん切りにしたきのこを加えます
  5. きのこの戻し汁を茶こしでこしながら加えます
  6. 弱火で、20分ほど煮詰めます
  7. 煮詰まったら、バターを入れます

煮詰める時間は、コンロによっても違うので、加減を見ながら調整してくださいね。

ミートソースの作り方 3:さいごの仕上げ

f:id:miyamarin:20171230223316j:plain

f:id:miyamarin:20171230223328j:plain

  1. ミートソースを作りながら、同時進行でパスタを茹でます
  2. ゆであがったパスタの水気を切ります
  3. ボウルにパスタを移し、エキストラバージンオリーブオイルをかけて、からめます
  4. ミートソースの入ったフランパンに、パスタを加えます
  5. パルミジャーノチーズの粉末を、数回に分けて、パスタにふりかけて混ぜます
  6. 塩・こしょうをして味を調え、器に盛ります

パスタをボウルに一度うつして、エキストラバージンオリーブオイルをかけるのは自己流です。ゆであがったパスタの水気を切り、フランパンに直接入れても大丈夫です。お好みで。

Check !!

その他のパスタや麺類・粉物のご紹介です。よかったらご覧くださいね。

Entries in ご飯・麺・粉物 category

ナポリタンがお気に入りです。お子さまがいらっしゃるところは、コショウは控えめにしてくださいね。姪っ子に作った時、むせていました(笑)

shopping!!

ファエッラ社は、パスタ発祥の地として伝えられるナポリ地方のものです。こだわりの水と粉を使い、本場ナポリの味です。なかなか売っておらず、楽天ではこのショップだけです。

今、いちばんお気に入りのオリーブオイルです。爽やかな果実味のオリーブオイル。家でのパスタがレストランの味に。おいしいです。

参考にしているイタリアンのレシピ本です。とてもわかりやすく、またレストランでいただくようなものが作ることができます。おすすめです。

スポンサーリンク

 

ミートソース(スパゲッティ・ボロネーゼ)のまとめ

材料の質をあげて、パスタのゆで時間をきっちりタイマーではかり、丁寧に作ると、お店と同じくらいの美味しさになります。

それに、オリーブオイルをたっぷりとかけること。これさえ、気にすれば、絶品パスタの出来上がりです。

よかったらお試しくださいね。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。