たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

ダイニングテーブルの上にはペンダントランプ

スポンサーリンク

ダイニングテーブルに必要な明かり

f:id:suzu_ran_rin:20180119213146j:plain

ダイニングテーブルにペンダントライトはありますか?

こんにちは。

ダイニングテーブルは、ペンダントライトで、食卓を明るく照らします。

日本は、蛍光灯のシーリングライトで、部屋全体を明るくしているご家庭が多いと思います。

しかし、スポットで使うことによって、雰囲気をよくすることができます。

よかったら、ご参考にしてみてください。

よろしくお願いいたします。

シーリングライトでは出せない明かり

シーリングライトは、部屋全体を明るく照らします。

天井に埋め込まれたダウンライトも同じです。ダウンライトは、蛍光灯ではなく、白熱灯なので、また感じが少し違いますよね。

シーンごとに使い分けるほうがよい照明

明かりは、シーンごとに使い分けるほうがよいと言われています。

ここは、食事をするところ

ここは、読書をするところ

ここは、リラックスするところ

ダイニングやリビング、ベッドルーム、それぞれ合った明かり。

そうすることで、安心感が生まれます。

雰囲気をつくる明かりは、癒しです。

フォスカリーニのカボシュ

f:id:suzu_ran_rin:20180119222859j:plain

電源をつけていないときでも、太陽光でキラキラと光ります。

f:id:suzu_ran_rin:20180119222949j:plain

電源をつけると、ダイニングテーブルを明るく照らします。

家族との食事が、楽しくなります。

これは、家族団らんの大切な明かりです。

お気に入りのインテリアの本や雑誌

橘田美幸さんのインテリアのコーディネートがいちばん大好きです。

雑誌はVOGUE LIVINGがお気に入りです。

我が家の照明のまとめ

ダイニングテーブルの照明のご紹介でした。

今や、ネットでいろんなものを探して、お気に入りのものを見つけることができます。

気に行ったものがあれば、お店に出向き、実物を見て、ネットで安く購入するというのが、よいかもしれませんね。

この機会に、照明について興味をもってくださるとうれしいです。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。