たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

【骨格診断】下半身コンプレックス編:痩せている太っている、身長や年齢は全く関係ないのか?

スポンサーリンク

骨格診断でおすすめのお洋服は本当に似合っている?

f:id:miyamarin:20180209152429j:plain

ミックスといわれても納得いかない

こんにちは。

骨格診断は、痩せている太っているなどの体重、身長、年齢など、診断に関係ないといわれています

あくまでも、肌の質感体のラインの特徴から、似合う素材やデザインを提案するものです。

しかし、関係がないといわれても、隠したいところはありますよね。

また身長によって、既成のものは、サイズや着丈でバランスが、とても取りにくいものもあります。

年齢に見合ったお洋服をお召しになりたいですよね。

骨格診断で、たまにミックスと判断される方がいらっしゃいますが、ミックスといわれても、困りませんか?

大まかに3つにわけることができても、その中でも、人はみな少しずつ違います。いろんなパターンがあり、それを見つけていくしかありません。

そこで、わたしがお洋服を選ぶとき、気をつけていることをお伝えしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

下半身の体型コンプレックスをスカートで解決する!

隠すか、思いっきり出すか、二択ですね。

似合う形と言われるものだけを着ることにしています。

ナチュラルタイプの似合うスカートの形と着丈

スカートは、タイトスカートフレアスカートがお似合いになります

着丈は、ひざ下からマキシ丈。膝は出さない!

難易度の高いのは、フレアスカートなので、フレアスカートはマキシ丈しか着ないようにしています。

そしてとろみのあるものは避けます。

 

このタイトスカートはアシンメトリーで、ざっくりとしたローゲージのニットにピッタリ。これは間違いなく、バランスが取りやすいスカートです。タイトスカートは万能!

 

コーデュロイのスカートは定番なので、1枚あると便利です。

 

下半身を隠したいのであれば、フレアスカートはマキシ丈をお選びください。難はすべて隠せます(笑)

 

生地をたっぷり使ったスカートは、ナチュラルタイプの得意とするところです。

ストレートタイプの似合うスカートの形と着丈

ストレートタイプの方がお似合いになるスカートは、タイトスカートだけなんです。

Iラインにすることが、スタイルアップにつながるので、裾の広がったものは不得意とされています。

着丈は、ひざ上マキシ丈。またこれが極端です。

思いっきり出すか、隠してしまうか、お好みかなと思います。

素材は地厚のものをお選びください。

 

素材は綿です。身長によって膝上にならない場合もございますので、ご注意くださいね。

 

 

背が低い方にはマキシ丈まではいかなくても、ロング丈になります。採寸してください。

 

ストレートタイプの方は、上品なきれいめなお洋服が似合うとされていますが、このようなカジュアルなスカートもお似合いになります。ただし、タイトスカートでロング丈であること。

ウェーブタイプの似合うスカートの形と着丈

ウェーブタイプの方は、スカートがとにかくお得意。

ほとんどの形がお似合いになります

ただ、着丈がとても重要になってきます。着丈を間違えると、下半身のコンプレックスを隠すことがむずかしいのです。

お似合いになるのは、ミニ丈ひざ下ミモレ丈です

冬はとっておきの秘密兵器がございます。

それは、ロングブーツ!これと合わせると、カバーできます。

f:id:miyamarin:20180207193511j:plain

GUオンラインストア

 

ミモレ丈の場合は、柔らかい素材を選び、重心が下がらないようにします。

f:id:miyamarin:20180207195756j:plain

GUオンラインストア

下半身の体型コンプレックスをパンツで解決する!

下半身に脂肪や筋肉がついていて、太いというコンプレックスをお持ちの方は、パンツを履かれることが多いのではないでしょうか。

ウェーブタイプの方は、スカートでカバーするのが得策だと思います。なぜなら、ウェーブの方は、体にフィットしたスキニーや、またクロップド丈がお似合いになるからです。

一方、ストレートやナチュラルタイプの方は、ワイドパンツがお似合いになるので、ロングスカートと同じく、カバーしやすいので、パンツはよいですね。

ストレートタイプの似合うパンツの形と丈

お似合いになる形は、ストレートワイドです

丈は、フルレングスをお選びください

トップスをシンプルなハイゲージのニットやシンプルなVネックのカットソー、Tシャツなどを合わせて、シンプルに。

 

体型カバーにばっちりなセンタープレスのチノパンです。革のパンプスやローファーなど合せると今季らしく着こなすことができます。

 

ストレートのカラーデニム。今からだと春らしい色、明るい色で軽く見せると素敵です。

ナチュラルタイプの似合うパンツの形と丈

ナチュラルタイプは、体が浮くようなデザインが似合うので、体型カバーが簡単にできます。パンツがお得意なナチュラルタイプの方は選び放題ですね。

似合う形は、カーゴストレートワイドガウチョです。クロップド丈も裾幅が広めのものだとOKです。

丈はフルレングスがベストですが、ガウチョやクロップド丈などの短めもお似合いになります

 

今季、マストなチェック柄のワイドパンツです。体型カバーになりますね。

 

9分丈のチノですが、ゆとりのあるタイプなのでお似合いになります。

 

ガウチョパンツはまだまだ人気です。

ウェーブタイプの似合うパンツの形と丈

お似合いになるパンツの形は、ショートスリム(スキニー)です。

丈は、ショートクロップド丈、スキニーであればフルレングス

コンパクトなサイズを選び、下重心にならないように気をつけます。

体型カバーにはパンツより、スカートのほうがおすすめですが、トップスとのメリハリをつけることにより、解消されます。

 

ミニスカートと同じく、思いっきり出して、ブーツを履くとスタイルよく見えます。

 

スキニーが似合うのは、ウェーブタイプだけです。スリムやスキニーではあれば、フルレングスでもOK。

 

細身のパンツは、合せやすいですね。トップスにボリュームのあるものを合わせてメリハリを。

スポンサーリンク

 

下半身の体型のコンプレックス解消法のまとめ

骨格診断ごとに、似合うデザインや形、着丈があります。

下半身の体型をカバーする方法としては、隠すというのがいちばん簡単なやり方です。

しかし、スタイルをよく見せるためには、トップスとボトムスのバランスが重要になってきます。

それはまた次回にご紹介させてくださいね。

さいごまでごらんくださいましてありがとうございました。 

 

ナチュラルタイプの私のルール番外編:タイトスカートとマキシ丈のフレアスカート

こちらの記事で詳しく書いていますので、よかったらご覧ください。

【骨格診断】ナチュラルタイプ:ローゲージのニットとスカート

わたしは、155cmと背がとても低いことと、首が長く細い、また肩幅が狭いという、間違ったら、顔のでかい、からくり人形やあやつり人形みたいになります(笑)

コーディネートは、バランスをとても重視しています。

ナチュラルタイプは、ひざ下からマキシ丈のスカートが似合います。タイトスカートはどの丈でもけっこうバランスが取りやすい万能スカートです。

しかしフレアスカートは、丈によって、トップスの丈やヒールの高さで調節しないと短足に見えます。

いくつかのヒールをスカートごとに揃えるのは大変。不可能。

このフレアスカートには、トップスはこれと決めると、着回しができない。

だからフレアスカートはマキシ丈と決めています。

わたしのルールでした。