たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

【骨格診断】UV対策ばっちりのコーディネート:絶対に日焼けしたくない方へ

スポンサーリンク

怪しくならないUV対策のコーディネート

f:id:miyamarin:20180516230336j:plain

老化を遅らせるには紫外線対策を!

こんにちは。

UV対策重視のファッションは、かなり怪しいものになりがちです。

老化を少しでも遅らせるためには、UV対策は必須です。しかし全身、黒づくめだと、かなり怪しくなります。

どうにかして、おしゃれを楽しみつつ、紫外線をカットできないものかと、考えてみました。

日焼けしたくない方に満足いただけるようなコーデをご紹介できたらうれしいです。

よろしくお願いいたします。

とりあえず必要なUV対策の小物

デザインよりもUV対策優先の日傘

日傘は、そこまでファッションのコーデを邪魔しないと思うので、遮光率の高いものを選びましょう。

かなり上のものより価格がアップしますが、100%遮光です。

日傘より帽子でUVカット!

自転車に乗る方におすすめ。風で飛ばされないようにひも付きです。

サングラスでUV対策はおしゃれ!

サングラスはUV対策の必須アイテムです。かならず着用してください。

サングラスといえば、レイバンです。

その他のUV対策のアイテム

柄がついていて、可愛いものがたくさんあります。

肌に優しいUV加工の手袋です。

こちら、わたしが愛用しているものです。花粉の時期はよいのですが、真夏にこれをつけると目立ちます(笑)でも肌荒れするよりまし。

こちらもおすすめです。

自転車に乗るときは必須です。今でこそ、これをつけている方が増えましたが、昔はかなり目立ちました(笑)

こちらはあやしくないですよ。

骨格診断ストレートタイプのUV対策のコーディネート

f:id:miyamarin:20180512230851j:plain

FLAGSHOP

UVケアの素材で、接触冷感のジャージー。Iラインのシルエットで、ストレートの方がお似合いになるブラウスです。同素材のボトムスもありますので、揃えるとワンピースのように着ることができます。

UVロングカーディガンは重宝します。

UV加工のワンピースです。シンプルなデザインなので、ストレートの方にお似合いになります。ロングカーディガンと合せると素敵ですね。

ロング丈のワンピースには、ロング丈のカーディガンを合せるとバランスがよいです。

UV加工のカットソーにロングスカートはいかがでしょう。

今季は、ラベンダーなど、明るく優しい色が流行しています。

しっかりとホールドしてくれるサンダルで、軽やかに。

シンプルなサンダルです。

ナチュラルタイプのUV対策のコーディネート

f:id:miyamarin:20180514184723j:plain

FLAGSHOP

しっかりとした生地で、襟はメンズライクなので、お似合いになります。

汗シミを防いでくれるTシャツで、重宝します。

羽織ってもよいですし、前ボタンをすべて止めて、デニムと合わせると可愛いです。

UV加工されたパンツ。白でも怖くない!

ゆったりとしたシルエットに、ドルマンパーカー。だぼっと着こなしてください。

オーバーサイズでダボっと着るのがおしゃれです。

今季の流行は明るい色です。二足くらい大人買いしたいです。

ウェーブタイプのUV対策のコーディネート

f:id:miyamarin:20180514190030j:plain

FLAGSHOP

UV加工です。ソフトにフィットしていて、使いまわしに重宝します。

UV加工のカットソーです。めずらしいですよね。重ね着しても暑くなりにくい素材です。

ウエストマークのワンピースなので、バランスよく着こなせますね。

ひざ下丈のボトムスなので、着回しがしやすいものです。

人気ショップのサンダルなので、履きやすいと思います。

UVケアの化粧品:ボディも忘れずに!

UVケアは、刺激が強いものが多いので、キッズが使えるというものを選ぶようにしています。

赤ちゃんの用の日焼け止めは、日焼け止め特有の匂いがあまりないので、使いやすいです。

わたしの愛用の日焼け止めといえば、HANAオーガニックです。もう10本くらい使っています。

HANA organic ウェアルーUV 公式ページへ

オーガニック化粧品でノーファンデ:敏感肌から普通肌へ

HANAオーガニックをつけて、日焼け止めのサプリメントも飲んでいます。

日焼け対策:飲む日焼け止めで体内からも予防!

絶対焼きたくない方のアイテムのまとめ

日傘や日焼け止めで、ある程度紫外線対策が可能です。

しかし、照り返しなどを考えると、UV加工のお洋服を着るのがよいのかなと思います。

また日傘を使えない状況もあると思います。そんなとき、UV加工のアイテムは必須ですね。

紫外線は、お肌の大敵です。まだ若いうちはよいのですが、歳を重ねると、シミになります。シミが一度できると、消すのはかなり大変です。

あやしくなりがちなUV対策ですが、なるべくおしゃれに見えるようなコーデのご紹介でした。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございます。