たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

鍋の残ったは白菜はゆずの酢の物にされるのはいかがでしょうか

スポンサーリンク

ゆずの爽やかな香りのする酢の物

f:id:miyamarin:20170130203502j:plain

お鍋で使った白菜はどうしますか

こんにちは。

冬の時期、お鍋をする機会が増えるとおもいますが、我が家ではいつも白菜が残ってしまいます。白菜を炒め物にしたり、クリーム煮にしたり、使い道がありますが、酢の物に使うことが圧倒的に多いです。

黄ゆずの旬は冬なので、白菜とよい組み合わせです。

ゆずは、昔から風邪の特効薬として重宝されてきました。ビタミンCを多く含み、コラーゲンを生成する働きもあるので、風邪の予防だけでなく、美肌づくりにも最適ですね。

かなり酸っぱいですが、よかったらお試しくださいね。

材料(2人分)

  • 白菜1/6株
  • ゆず酢
  • 大さじ2
  • 大さじ2
  • 砂糖小さじ1
  • ひとつまみ
  • ゆず果汁1個分
  • ゆず1個

作り方

f:id:miyamarin:20170130204607j:plain

f:id:miyamarin:20170130204621j:plain

f:id:miyamarin:20170130204639j:plain

  1. 白菜は1cm幅に千切りします
  2. 1をさっと塩ゆでして、冷水にとって水気をしぼります
  3. ボウルにゆず酢の材料を入れて、よく混ぜ合わせます
  4. ゆずの皮は千切りにして、少量を取っておきます
  5. 3に白菜とゆずの千切りを入れて、混ぜます
  6. 器に盛り、ゆずをのせます

ゆずは、黄色い皮の部分だけ包丁でむいて、千切りにします。果肉はしぼって使います。果汁をお使いの方は大さじ1.5ほどが適量かと思います。

ゆずについて

ゆずには青ゆずと黄ゆずがあります。青ゆずは未熟なうちに収穫されたもので、さわやかな味わいで、8月が旬です。すだちやかぼすと似ていて、焼き魚に添えて使います。柚子コショウは青ゆずが原料です。

黄ゆずは、青ゆずが熟したもので、11月から1月に収穫されます。黄ゆずは甘味があるので、ジャムに適しています。

どちらにしても、薬味として使われます。

shopping!!

ゆず果汁は、ホットレモンのようにお湯とはちみつで割っていただくとおいしいです。料理以外に使えるのもよいですね。

最初から酢が含まれているこちらの商品、とても人気です。

さいごに

白菜とゆずの酢の物のご紹介でした。ゆずの代わりにレモンを使ってもよいですし、市販で売っている果汁でもおいしく作ることができます。

旬のお野菜をいただいて、寒さを乗り切りましょう。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。