たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

ちょっぴり大人の味なきゃべつとじゃこのサラダの作り方

スポンサーリンク

おばあちゃんのレシピノートから:キャベツとじゃこのサラダ

f:id:miyamarin:20170130195508j:plain

塩もみしてしんなりとさせる!

こんにちは。

生野菜はお好きですか。

女性はサラダが好きというイメージがありますが、わたしは生野菜のサラダは少し苦手です。

切って洗ってドレッシングをかけるというサラダも作らないことはないのですが、水分をしぼって、アレンジするサラダをよく作ります。

このきゃべつとじゃこのサラダはおばあちゃんのレシピからです。

よかったらお試しくださいね。

材料(2人分)

  • キャベツ1/4個
  • ちりめんじゃこ25g
  • たかのつめ小さじ1
  • 小さじ1
  • 適宜

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170130195744j:plain

f:id:miyamarin:20170130195802j:plain

  1. キャベツは洗って、3cmほどの角切りにします
  2. ボウルに、塩とたかのつめを加え、塩もみします

ここにお酒を小さじ1を入れることもありますが、お子さまが召し上がるのであれば、入れないでくださいね。

作り方

f:id:miyamarin:20170130200018j:plain

f:id:miyamarin:20170130202302j:plain

  1. フライパンにオイルを入れて熱し、じゃこを炒めます
  2. 下ごしらえをしたキャベツの中に入れて、混ぜ合わせて、器に盛ります

スポンサーリンク

 

キャベツとちりめんじゃこについて

ビタミン豊富なキャベツでダイエット

カルシウム、カリウムが含まれていて、ビタミンCとビタミンU、ビタミンKが豊富です。ビタミンCは美容のためのビタミンです。ビタミンUは別名キャベジンで、胃の粘膜を保護します。ビタミンKは骨の形成に関わっています。ビタミンがもりだくさんのキャベツです。塩を振って水分を出すので、かなりの量の生のキャベツがいただけるので、ダイエットにも最適です。

ちりめんじゃことしらす干し、しらすの違い

すべていわしの稚魚を使っています。それぞれ乾燥度が違います。釜ゆでしたものをしらす、釜ゆでしたあとに少し干したものをしらす干し。そしてちりめんじゃこは、釜ゆでしたあと、じっくり干して乾燥させたものをいいます。水分量が違うというわけです。カルシウムとビタミンDが豊富で、骨を強くする働きをもっています。

スポンサーリンク

 

さいごに

キャベツとじゃこのサラダのご紹介でした。そのままいただくのも、もちろんおいしいのですが、たまにこうしてひと手間加えたサラダもいいなと思います。

よかったらお試しくださいね。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。