たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

果物が苦手なわたしが果物を食べるようになったのはこんな工夫をしたから!

スポンサーリンク

果物が苦手な人は無理して食べなくてもいい?

f:id:miyamarin:20181212230430j:plain

果物は好きですか?

こんにちは。

果物を食べる習慣ってありますか?

スーパーでは旬の果物が必ずといっていいほど、入り口近くの棚に陳列されています。

ということは、果物が好きな人が多いってことです。よね?(笑)

実はわたし、果物が苦手とは言いませんが、とくに買ってまで食べたいと思わないのです。

それに気が付いたのは、結婚して自分で食材を買いにいくようになってから。

果物から得られる栄養は、ビタミン類やミネラル、食物繊維。でも野菜からも摂れます。

苦手ならあえて食べなくてもいいのでは?と思うものの、ある本と出会って少しだけ考えが変わりました。

よかったらご覧くださいね。

母はくだものが大好き!夕食後は必ずくだものがデザート!

子供のころ、夕飯の後に必ずくだものがデザートとして出てきました。その頃は好きか嫌いかなどは考えもせず、出されたものは何とはなしに食べていました。

「友達に話すと過保護だ!」と言われるのですが、母は私たちがとても食べやすい状態で出してくるのです。

たとえば、スイカは一口サイズに切って種はすべて取ってある、苺は下手を切り落としてある、柑橘系の皮は剥いてある、ぶどうは皮だけでなく種も取り出してある......。

とにかく手が汚れずに、フォークで食べられる状態にしてくれているわけです。

よくある三角に切られたスイカ。あれ、はじめていただいたとき、上手に種が取り出せなかったのは恥ずかしい思い出。

大人になって果物はデザートとしてあまり食べなくなってしまいましたが、サラダや和え物に入れるようになりました。

果物の酸味と甘みがプラスされて、とてもおいしいものに仕上がります。

ポテトサラダにリンゴ、酢豚にパイナップルが苦手な方はきびしいかもしれません。でも面白そうだなと思ったらお試しくださいね。

柿と大根しめじのサラダ:おばあちゃんのレシピ

f:id:miyamarin:20181228200452j:plain

これはおばあちゃんのレシピです。果物をサラダや和え物に入れる料理はこれがいちばんよく作っています。

柿と大根のサラダの作り方:美容効果の高い柿!

アボカドと柿のサラダ

f:id:miyamarin:20181228200515j:plain

この組み合わせは、ブロ友のあきさんから教わりました。

女子ウケ間違いなし!簡単美味しい柿とアボカドのサラダ。おもてなしにもピッタリ - ちょうどいい時まで

とてもおいしかったので、柿のおいしい季節にはかなり作りました。

ルッコラなどのハーブとオレンジ、モッツアレラチーズのサラダ

f:id:miyamarin:20181228200536j:plain

苦みのあるハーブと酸味だけでなく甘みのあるオレンジ、それにモッツアレラチーズの組み合わせはものすごく合います。かなりのお気に入りです。

りんごといんげんのクルミ和え

f:id:miyamarin:20181228200609j:plain

りんごといんげんをナッツで和えるのはよく和食でも出てきます。甘みや酸味もそうですが、歯ごたえが楽しめる組み合わせです。

ピンクグレープフルーツとにんじんのサラダ

f:id:miyamarin:20181212230430j:plain

グレープフルーツをサラダに使うのは我が家では定番になりつつあります。カルパッチョにしても、単なるサラダにしても、グレープフルーツは見事にマッチしてくれます。

こちらは、ブロ友のユキコさんから頂いたハーブソルトで味付けしました。

 
 
 
View this post on Instagram

たにまのひめゆりさん(@miyamarin10)がシェアした投稿 -

紅茶やパンの専門的な知識が豊富で、手作りのものをよくいただきます。

果物をサラダや和え物に入れておいしくいただく方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

オレンジやグレープフルーツは比較的取り入れやすいと思います。柿は好みが分かれるような気がします。

季節のものをいただくのが体によいとされているので、果物もよかったら意識してみてくださいね。

また果物を加えると、お料理が色鮮やかになり見た目にもおいしく見えるので、おもてなし料理にもよいかもしれません。 

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

shopping!!

お気に入りの果物を使った料理本です。

缶詰を使ってもおいしく作ることができます。