Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

おばあちゃんの形見のレシピノートの原本

スポンサーリンク

おばあちゃんが遺してくれたもの

f:id:miyamarin:20170410154909j:plain

おばあちゃんのレシピノートのオリジナルを形見にもらいました。

もっとたくさんあるのですが、みなで分けたので、わたしのところには3冊がやってきました。おばあちゃんのそばにずっといたノートたちです。

わたしの宝物なので、お気に入りの箱の中に入れて大切にするつもりです。

もっともっと聞きたいことがありました。いまだにおばあちゃんの携帯番号を消せずにいるわたしです。

おばあちゃんの形見であるレシピノートの原本

f:id:miyamarin:20161010162158j:plain

わたしが結婚するときにもらったレシピノート以外にもたくさんのお料理のレシピが載っていました。

こちらに詳しく書いてあります。よかったらご覧くださいね。

  大好きなおばあちゃんのレシピノート

亡くなる5年くらい前から、お料理を作ることができなくなっていましたが、料理を作れる間は、あたらしいものに挑戦していたんでしょうね。

以前、わたしはおばあちゃんに対抗して、おばあちゃんからのレシピノート以外のお料理を作っていました。料理本などから参考にして、じぶんの好きな味に変えていきました。こんな料理を作ったのと、おばあちゃんに自慢したりもしていました。

「料理、上手になったね。おばあちゃんはかなわないわ。」なんていわれて、有頂天になっていました。 

3つの手帳以外に、コピーでもらったものがあります。これには日付ごとに作った料理が書かれています。わたしが好きで作ってもらった料理は主菜はこれ、副菜はこれと、何がつくられていたのか覚えているのですが、ぜんぶではありません。

このコピーされたノートをみて、おばあちゃんのマメさに母と笑ってしまいました。しかもそれぞれのノートに思い出?気持ち?メモ?などがちょこちょこと書かれているのです。

それにしても、几帳面な祖父母でした。

相手のことを思いやりながら、暮らしていたのはいうまでもありませんが、

仕事は仕事、家事は家事。生きるために必要なこと。

楽しくないからしたくないとかそういう基準ではなかったのでしょうね。時代は変わっても、変わらないものはあると思います。

だって、おじいちゃんとおばあちゃん、しあわせだっていつもにこにこしていました。

そしてそんなふたりのそばにいられたことが、今はとてもしあわせなことだったんだと思い返しています。

f:id:miyamarin:20161010160614j:plain

おばあちゃんのノートのメモ書き。わたしのことも書いてあります。おばあちゃん、わたしのことが大好きでした。

おまけ

今日はおじいちゃんとおばあちゃんのことをいっぱい想いだしたから、きっとそばにいるんだろうね。笑って見守ってくれてるはず。ありがとね。

memory