Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【骨格診断】入学式・入園式など行事のためのファッションコーディネート:パーティーシーン

ファッション

スポンサーリンク

フォーマルなお洋服をデイリーにも着る方法

f:id:miyamarin:20170305152522j:plain

春は、入園式や入学式などの行事があり、フォーマルなお洋服を着る機会があります。

暖かくなって気分も上がり、ショップのディスプレイみて、ついつい新調してしまって、のちのち後悔する羽目になったことはありませんか。

そう何度もフォーマルなお洋服を着る機会はないですよね。確かにすてきなスーツやセットアップ。

しかし5年後も経てば、流行が過ぎ、色あせてみえて、クローゼットの肥やし。

ありますよね(笑)

少し考えてみてください。10年も20年も定番のお洋服はありません。長くて10年ですね。わたしは10年着ているお洋服もあります。

でもそれはじぶんの骨格に合った、大のお気に入りのお洋服だからです。たまに出逢います。そういう運命のお洋服と。

それはさておき、これからご購入されるフォーマルなお洋服は、5年間、着倒してください。それくらい出番の多いお洋服でないと、かわいそうですよね。

そしてまた5年後に、購入しましょう。

では、デイリーにも活躍できるフォーマルなお洋服のご紹介をさせてください。

随時更新中です(最終更新:2017年3月8日)

新しく購入する前にすること

今まで、クローゼットの肥やしになっているフォーマルのお洋服とのお別れです。それも新しく購入されるお洋服の足しにしましょう。

こちらの記事をご参照ください。

定期的に、買取サービスをご利用されることをおすすめいたします。わたしは、今月すでに、Branduru で買取してもらいました。

スーツを着こなせるのはストレートタイプだけ

きちんと感をだすには、スーツやツーピースがいちばん簡単ですよね。ジャケットとボトムスを同じブランドで、同じ色、素材で購入するのがいちばんきれいです。

しかしそのセットで、フォーマルにもデイリーにも着こなすことができるのはストレートタイプだけなのです。メンズライクなテーラードジャケットスーツ限定ですが。

またノーカラーのジャケット、素材がツイードなら、女性らしさが際立ちます。ツイードのノーカラージャケットがお似合いになるのはウェーブタイプの方のみ。しかし、上下ツイードにしてしまうと、着こなすのが少々難しくなってしまいます。もちろんお似合いになる方もいらっしゃいます。ジャケットだけをご購入されることをおすすめします。

そしてナチュラルタイプの方は、きちんとしたお洋服がとても苦手な骨格です。テーラードジャケットのスーツを着てしまうと、メンズ!のようになってしまいます。ノーカラーのジャケットで、ウエストマークをしてしまうと、今度はスタイルが悪く見えてしまいます。カジュアルよりのジャケットとボトムスを購入して、小物でフォーマル感を出してみてはいかがでしょう。

それぞれ、どのようなものを選んで、どのようにふだんに着まわせるか、上手にコーディネートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ストレートタイプの方の行事用ファッション

トップス:フィット感のあるテーラードジャケット

f:id:miyamarin:20170305153742j:plain

ジョゼフのものです。メンズスーツの素材で作った上質で、上品なシルエットのスーツです。ストレートの方は1着お持ちになっても、うまく着こなすことができると思います。

f:id:miyamarin:20170306144249j:plain

定番のテーラードジャケットです。肩のサイズが合ったものをお選びください。

インナー:首元の開いたハリのある素材

f:id:miyamarin:20170305164150j:plain

シルクサテン素材なので、ディリーにもパーティーにも使えるブラウスです。キーネックになっているので、縦を強調でき、バランスよく着こなせます。

f:id:miyamarin:20170305162315j:plain

首元が広く開いたインナーをお選びください。縦ラインが強調されるので、うつくしく着こなすことができます。

f:id:miyamarin:20170306150456j:plain

ラウンドネックですが、ストライプ柄なので、ストレートタイプの方にお似合いになると思います。

ボトムス:フルレングスのパンツ

f:id:miyamarin:20170305165936j:plain

ジョゼフのジャケットとセットになっているパンツです。単品使いもできます。シルエットがとてもきれいです。

f:id:miyamarin:20170305165020j:plain

こちらもジョゼフのものです。テーパードシルエットで、ハイゲージの素材をつかったきれいめなパンツです。カジュアルにも着こなすことができるので、ストレートタイプの方におすすめです。

カジュアルダウンの着方

f:id:miyamarin:20170306142718j:plain

ストレートの方はデニムはフルレングスをお選びくださいね。きちんとしたテーラードのジャケットも、デニムと合わせることでカジュアルダウンします。

f:id:miyamarin:20170306145117j:plain

このような春らしい装いに、テーラードジャケットを合わせてもきれいですし、靴はヒールではなく、スニーカーにして外しても楽しいかもしれませんね。

f:id:miyamarin:20170306150932j:plain

きれいめのパンツはカジュアルなニットに合わせると素敵ですね。ストレートタイプの方のお似合いになるボーダーは太めのものです。こちらはちょっとネックが狭いので、ご参考までにお願いします。Vネックなどをお選びください。

ポイント

ストレートの方がお似合いになるスカートは、膝上丈のタイトスカートです。テーラードのジャケットとスカートを合わせてしまうと、どうしてもリクルートスーツのようになってしまうので、パンツスーツがよいかと思います。スーツではなくとも、ジャケットとパンツ、別々に購入されてももちろん構いません。

またインナーを選ぶ際ですが、とろみのあるブラウスを入れると女性らしさがでて、美しいのですが、その後、カジュアル使いを考えると、Vネックやキーネックで、しっかりとしたフィット感のあるものをお選びいただいたほうがデイリーで、長くお使いいただけます。

ウェーブタイプの方の行事用ファッション

トップス:着丈の短いノーカラージャケット

f:id:miyamarin:20170306151639j:plain

ノーカラージャケットはウェーブタイプのお得意とするものです。1着あれば、きちんとしたところにもカジュアルにも着こなすことができます。

f:id:miyamarin:20170306152145j:plain

ノーカラーのツイードジャケットで、手首が見えるものは、ウェーブタイプの方がバランスよく着こなすことのできる定番のお洋服です。カジュアルシーンではデニムに合わせたり、とろみのあるスカートに合わせたりと楽しむことができます。

f:id:miyamarin:20170306155217j:plain

ウェーブタイプのコーディネートのところで、こちらの白をご紹介させていただきましたが、黒の方を選ばれたほうが、ボーダーですが、フォーマル感が強くなると思います。ボトムスはきれめなパンツと合わせることをおすすめいたします。

f:id:miyamarin:20170308165216j:plain

これは襟付きですが、袖丈が短く、着丈も短く、デザイン性があるので目線が上半身にいき、美しく着こなすことができます。ボトムスはとにかくシンプルに。クロップド丈のパンツを合わせるときれいですね。

インナー:首元が開きすぎないとろみのある素材

f:id:miyamarin:20170306154027j:plain

定番の形のUネックのニットやカットソーと合わせてるのがきれいだと思います。こちらは、オフショルだーです。あまり首元が開きすぎないものがよいと思います。アクセサリーなどで、華やかさを足してあげるとよいですよね。

f:id:miyamarin:20170306155726j:plain

ウェーブタイプの方は化繊の入ったとろみのあるものがお似合いになります。地厚のものやハリのあるタイプのものは避けましょう。女性っぽいものが苦手な方は、お好きなハンサムタイプのものでもとろみのあるてろんとした素材のものをお選びくださいね。

ボトムス:足首の見えるクロップド丈のパンツ

f:id:miyamarin:20170306193718j:plain

クロップドパンツはウェーブタイプの方がとてもすてきに着こなせるパンツです。ウェーブタイプの方は基本、スカートのほうがお似合いになります。しかしこのタイプのパンツは1着もっていると、少し着丈の長い流行りのブラウスなどにも合せられますし、スタイルがよく見えます。

f:id:miyamarin:20170306194150j:plain

セオリーの白のクロップドパンツです。トップスにダークな色のジャケットをもってくるのであれば、ボトムスは明るい色がよいですよね。

f:id:miyamarin:20170306195411j:plain

シンプルなスカートを合わせられるのがいちばんよいと思います。

セットアップ:とろみのある素材

f:id:miyamarin:20170306200002j:plain

ジャケットとパンツやスカートではなくても、ツーピースやオールインワンなども小物によってきちんとした装いができます。

f:id:miyamarin:20170306200419j:plain

このようなやらわかい印象のツーピースもきれいだと思います。

小物:小ぶりのきちんとしたもの

f:id:miyamarin:20170306202715j:plain

ジャケットではなく、ツーピースやジャンプスーツをお召しになる場合は、小ぶりのかっちりとしたバッグをお持ちになることをおすすめいたします。

こちらはオーダーメイドもされている日本製のバッグの専門店です。

f:id:miyamarin:20170306204225j:plain

ハンドバッグにもショルダーバッグにもなります。4色展開で、リザードでできているため、上品でエレガントです。

カジュアルダウンの着方

f:id:miyamarin:20170306205655j:plain

クロップドパンツに、とろみのあるシャツを合わせるときれいですね。ウェーブタイプの方はバッグを小ぶりのものをもってくるほうがバランスが取れます。

f:id:miyamarin:20170306210146j:plain

このコーデにノーカラージャケットを合わせると可愛いですね。インナーや靴をカジュアルにすると、デイリー使いができます。

ポイント

ツイード素材などのノーカラージャケットは、ウェーブタイプの方のお得意のお洋服です。1着持っているととても便利だと思います。フォーマルな時は、きれいめのパンツに合わせます。またカジュアルダウンするときは、デニムやコットンパンツに合わせるときれいです。

ウェーブタイプの方に注意していただきたいのが、小物類です。カジュアルダウンされても、小ぶりなきれいめのバッグをおすすめいたします。

ナチュラルタイプの方の行事用ファッション

スポンサーリンク

 

トップス:オーバーサイズのジャケット

f:id:miyamarin:20170308165738j:plain

着丈の長いジャケットです。ワイドパンツとセットアップとして売られています。単品でもきれいですよね。

f:id:miyamarin:20170308170155j:plain

着丈の長いテーラードジャケットです。ナチュラルタイプはとにかく長めのものをお選びください。

f:id:miyamarin:20170308170448j:plain

ノーボタンでビックスリーブのジャケットです。このような一風変わったものも着こなすことができるのが、ナチュラルタイプの方です。

f:id:miyamarin:20170308174311j:plain

こちらも着丈の長いジャケットです。ベーシックなショールカラーなので、デイリーにも大活躍です。

インナー:天然素材のもの

f:id:miyamarin:20170308171336j:plain

ジャケットのインナーはシンプルに。綿100%でハリ感があります。しかしバックにはギャザーがあり、1枚でも十分遊び心のあるコーディネートが楽しむことができます。

ボトムス:フルレングスのパンツ

f:id:miyamarin:20170308172223j:plain

黒と白があります。ジョセフのパンツはラインがきれいですね。ワイドパンツはナチュラルタイプがお得意とするところです。バランスよく着こなすことができますね。

f:id:miyamarin:20170308173017j:plain

フルレングスのテーパードパンツは定番ですね。長めの丈のジャケットと合わせるとバランスよく着こなすことができます。

カジュアルダウンの着方

f:id:miyamarin:20170308173902j:plain

トップスとボトムスともにオーバーサイズでお召しください。ナチュラルタイプはこのようなコーディネートをされても、だらしなく見えません。素材は天然素材をお選びくださいね。

f:id:miyamarin:20170308174725j:plain

ボトムスにデニムを合わせたり、ロングスカートをもってきたりといろいろなコーディネートが楽しめますね。

f:id:miyamarin:20170308175555j:plain

パーカーにシャツ、ロングパンツ。ナチュラルタイプの着こなしです。カジュアルにワイドパンツをバランスよく着こなすことができます。

ポイント

ナチュラルタイプの方がお似合いになるジャケットは、オーバーサイズ、着丈が長く、ごわごわとした天然素材のもの。

またフォーマルな場所にはパールを合わせたり、ヒールの高いシューズなどを履くと、着崩した感じのお似合いになるナチュラルタイプの方も、フォーマルできちんと感がでます。

さいごに

デイリーにも着こなせて、フル活用ができるように、骨格別にご紹介させていただきました。ぜひ、フォーマルなジャケットを5年間、着倒すつもりで、お気に入りの1着をお選びください。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

関連記事
 

スポンサーリンク

 

関連書籍

いちばんバランスをとるのがむずかしいと思われるのが、背の低い方です。こちらの本を読むと、どんなスタイルの方も参考になると思います。アラフォーより若い方むけです。

こちらは、アラフォー世代より上の方むけです。少しずつ体型が変化して、カバーをする部分がではじめた方が、どのようにすればバランスよく着こなせるかが書かれています。骨格診断の考えかたと合わせて読むと、かなりおしゃれさんになること間違いないです。