たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

スパゲッティ・ボンゴレ・ビアンコの作り方(レシピ):あさりのスパゲッティ

スポンサーリンク

あさりを使ったスパゲッティ

f:id:miyamarin:20170521172800j:plain

あさりの旬は春と秋

こんにちは。

あさりは、春の3月から5月、秋の9月から10月に旬を迎えます。潮干狩りは、春の海の行楽です。

あさりの酒蒸しもおいしいのですが、わたしはこの時期、ボンゴレばかり作っています。

今回、ご紹介するのは、トマトソースを使わないビアンコです。

とても簡単にできるので、旬の時期によかったら試してみてくださいね。

材料(2人分)

  • あさり300g
  • スパゲッティ160g
  • 2L
  • 16g
  • 白ワイン大さじ2
  • にんにく2かけ
  • 赤とうがらし小さじ1
  • オリーブオイル大さじ1
  • イタリアンパセリ大さじ1
  • エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル大さじ2

スパゲッティをゆでるとき、水の0.8%の塩を加えます。パセリは生がのぞましいですが、乾燥パセリでも大丈夫です。仕上げ用はエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルをお使いくださいね。

下ごしらえ

  1. あさりの砂抜きをします
  2. にんにくはつぶして、薄切りにします
  3. イタリアンパセリは、みじん切りにします

砂抜きの方法

 

バットにあさりとあさりがかぶるくらいの水を入れます。水の3%の塩を加えます。バットの上に新聞紙などを乗せて、暗くして、2時間ほど置きます。

あさりを軽く水洗いをして、終了です。

スポンサーリンク

 

作り方

f:id:miyamarin:20170521175657j:plain

f:id:miyamarin:20170521175727j:plain

f:id:miyamarin:20170521175956j:plain

f:id:miyamarin:20170521180130j:plain

f:id:miyamarin:20170521180448j:plain

f:id:miyamarin:20170521180457j:plain

  1. フライパンに、白ワインとあさりを入れて、ふたをして蒸し煮をします
  2. 殻がすべて開いたら、ざるにあげて、あさり蒸し汁に分けます
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくと赤とうがらしを香りがたつまで炒め、にんにくに焼き色がついたら、とうがらしとともに取り出します
  4. スパゲッティをゆでます
  5. 3に、あさりの蒸し汁を大さじ3加えて、1度沸騰させてから、あさりを入れて温めて、パセリをふります
  6. 5にゆで汁大さじ1を入れて、スパゲッティを加えて、にんにくと赤とうがらしを戻し入れます
  7. スパゲッティとソースがからむまで、トングでつかみながら混ぜ合わせます
  8. 仕上げにエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルをかけて混ぜます
  9. 器に盛ります

あさりの蒸し汁やスパゲッティのゆで汁は、捨てないように気を付けてくださいね。無意識にゆで汁を捨ててしまうことがよくありました(笑)

Check !!

仕上げのオリーブオイルがパスタをおいしくする!

オリーブオイルにはまっております。パスタを作るときも仕上げにたっぷりとオイルを回しかけるまで大好きです。

今回のボンゴレは、大さじ2以上かけています。いただくときに、口のまわりがオイルだらけになるほど。

摂り過ぎは注意です。しかしかなりパスタがグレードアップするので、よかったらお試しください。

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは加熱せずに!

加熱すると、せっかくの風味が損なわれてしまいます。加熱料理にオリーブオイルを使う場合には、エキストラ・ヴァージンである必要はありません。

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは、生のまま頂きましょう。

オリーブオイルには、香りと辛味、苦みなど果実の味わいがあります。弱いものから強いものまで、お料理に合わせて使い分けます。

サラダなどには、甘味のあるさらりとしているマイルドなものを、味のしっかりとした味の肉料理や煮込み料理には、コクのあるものやスパイシーなストロングなものが合います。

ボンゴレなど、にんにくや赤とうがらしなどを使ったパスタには、辛味と苦みがミディアム、もしくはストロングなものを合わせると、とてもおいしくなります。

スポンサーリンク

 

パスタに合うおすすめのエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

最近、購入したオリーブオイルです。こちらはマイルドなので、サラダやスープなどに合うと思います。オリーブオイルをかけていただくということに慣れていらっしゃらない方は、ライトなオリーブオイルからはじめてみるのもよいかなと思います。わたしは、こちらを素うどんや冷ややっこにかけて頂いています。

コクがあり、スパイシーでパンチのあるオリーブオイルです。DEAN & DELUCAで取扱いがあり、この有機のものを購入しました。カスティージョ・デ・カネナ社はスペインのオリーブオイルなのですが、種類も豊富で、他のものもテイスティングしたいなと思っています。

かなりのストロングなオリーブオイルです。オリーブオイルに慣れていらっしゃらない方にはおすすめできません。こってりとしたお料理に最適なオリーブオイルです。ドレッシングに使うにはあまり適していません。

オリーブオイルに夢中

この本を読んでから、オリーブオイルに夢中になりました。オイル業界、いろいろあるようです。エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルとして売られていても、中身は種油などがミックスされていたりなど、ミステリー?ホラー?です。

しかし実際に頂いてみて、おいしいと思えるのであればよいと、よいですよね。今後、いろいろなオリーブオイルを試してみる予定です。比較など、ご紹介できるようになりたいです。

参考書籍  

私自身、家庭料理の1つとして、作ることができるパスタは限られています。本格的で、おいしい!と思えるものを作るにはやはり料理本です。ボンゴレが大好きなので、いくつか試してみましたが、このレシピがいちばんおいしくできました。アラビアータもこちらを参考にして作ると、かなりおいしく作ることができました。お気に入りの一冊です。

 shopping!!

直径、約1.9mmのものをスパゲッティと言います。

さいごに

あさりを使ったパスタ、ボンゴレ・ビアンコのご紹介でした。あさりからでるうまみは、到底、調味料では出すことができません。

旬の時期に、かなりの回数でボンゴレを作ります。

パスタにはやはりオリーブオイルです。

口のまわりをテカテカにしながら、召し上がってください。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク