たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

オーガニック化粧品でノーファンデ:敏感肌から普通肌へ

スポンサーリンク

愛用のオーガニック化粧品:ノーファンデ

f:id:miyamarin:20170618010448j:plain

ケミカルからオーガニックの化粧品にした理由

基礎化粧品オーガニックに移行したことで、化粧品も見直すことにしました

確かに、ケミカルの化粧品はカバー力があり、発色もよく、とても美しく仕上がります。しかし肌への負担は大きい。化粧品自体はもちろん、ケミカルの化粧品を落とすクレンジングが、肌にかなりダメージを与えます。

メイクをされたら、ダブルクレンジングは当たり前のことですよね。メイククレンジング剤を使い、そして洗顔フォームを使って、メイクを落とします。

しかし、オーガニックの化粧品でメイクをするようになってから、ダブルクレンジングは不要となり、固形の石鹸だけで落としています。

ダブルクレンジングをやめることによって、が強くなりました

ベースメイクは色つき日焼け止めと部分的にカバーするコンシーラー

HANAオーガニックUVミルク

基礎化粧品と同じく、ベースメイクもオーガニックに。おそらくこちらの移行のほうが、かなり肌状態をよくしたと感じています。

クレンジングオイルやクレンジングクリームなど使わずに、石鹸だけで落ちるベースメイク。肌に必要な皮脂を残し、肌バリアを育てていくことができます

オーガニックファンデーションもあるのですが、わたしはあえて色つき日焼け止めを使っています。ノーファンデです。

愛用のHANAオーガニックUVミルクは、肌状態がよくなくても安心して使用できます。おすすめです。しかも日焼け止め特有のにおいがないのが、いちばんありがたい点です

特徴について

 

 天然100%、美容液成分85%配合、SPF30 PA++ の日焼け止め

 光をコントロールして毛穴、 色ムラの目立たない透明感の肌をつくる

f:id:miyamarin:20170618184552j:plain

やわらかいテクスチャーです。

f:id:miyamarin:20170618184655j:plain

伸びはとてもよく、肌にすっとなじみます。

f:id:miyamarin:20170618184732j:plain

全体に伸ばして、プレスした状態がこちら。ツヤ感があり、とてもきれいです。カバー力自体はあまりなく、光によって、毛穴や色ムラをとばしているというイメージです。

ケミカルなファンデーションを使い続けると肌はどんどん弱くなっていきます。はじめはカバー力に、もの足りなさを感じるかもしれませんが、石鹸だけで落ちるメイクを続けていると、素肌がとても強くきれいになります

お休みのときだけ、オーガニックにするなど、少しずつ移行してみてくださいね。

 HANAオーガニック ウェアルーUV 公式ページ

さいしょは、HANAオーガニックトライアルセット からはじめるのもよいかと思います。わたしは旅行のときにこちらを買ってもっていきます。

rms beauty アールエムエス ビューティー

rmsの化粧品はかなりのおすすめです。色がとてもきれいです。このブランドのルミナイザーを、ミランダカーが愛用していることを雑誌で知って、使い始めました。ミーハーです(笑)

今、流行しているベースメイクは、塗るところと塗らないところを分けて、凹凸を出すというものです

HANAのウェアルーUVを全体に塗って、カバーをしたいところをこのrmsのコンシーラーを使います。目の下に逆三角形で入れます。

f:id:miyamarin:20170618190533j:plain

かなりカバー力があります。セミマットなので、少しずつ重ねていきます。目の下のクマはこちらで消えます。人の目は、目の下あたりに行くようなので、そこさえ、しっかりとカバーすれば、全体がとてもきれいな肌に見えるそうです。マジックです(笑)

 rms公式サイト

スポンサーリンク

 

てかりを抑えたいときはパウダーを重ねてみる

ウェアルーUVとコンシーラーでほぼきれいに仕上がりますが、すこしマットにしたいときは、パウダーを重ねます。

愛用しているのは、アムリターラというところのものです。粒子がとても細かいので、つけている感じがまったくしません。

f:id:miyamarin:20170618191226j:plain

薄くベールをまとったような感じです。これをブラシで肌に優しくのせています。

リフィルとケースが別に売っています。

カラーメイクはrms

チークはrmsのクリームチーク

粉のチークよりもクリームチークのほうがつけやすいという点と、色と発色がよいのを理由に愛用しています。

f:id:miyamarin:20170618193307j:plain

頬骨のいちばん高いところに、指でクリームチークをつけます。

f:id:miyamarin:20170618193408j:plain

そして、トントンとやさしくたたくように伸ばしていきます。肌になじんで、ナチュラルメイクのできあがりです。

 rms公式サイト

ハイライトはrmsのルミナイザー

rmsの中でいちばん売れている商品が、ルミナイザーです。ハイライトとして使います。入れるところは、Tゾーンや頬骨の高いところ、 鼻筋、あごなどです。

f:id:miyamarin:20170618194957j:plain

チークをつけた右側につけました。クリームなのでとてもなじみのよいものです。つけすぎに注意をしてくださいね。少しずつ調整しながらのせていきます。

 rms公式サイト

スポンサーリンク

 

よそいきのときは目元だけケミカル!

f:id:miyamarin:20170618200107j:plain

目元をケミカルの化粧品にするだけで、かなり華やかになります。ただ、ポイントメイクリムーバーで落とすので、負担はあります。

しかしケミカルのアイメイクの発色は、オーガニックコスメでは、出せないと思っています。やはりきれいです。

アイメイクのベースメイクは、ボビィブラウンの目もと専用コンシーラー、カラーはシュウウエムラです。

マスカラは、お湯で落とせるものです。

ランコムやヘレナを使っていましたが、石鹸で落ちるメイクをはじめてから、マスカラもお湯で落ちるものに替えました。満足しています。

Check !!

パウダーをブラシでふんわりとつけると、粉っぽさがなくなります。おすすめのブラシですが、ボビィブラウンや資生堂のブラシです。

資生堂のブラシはランキング上位です。ボビィブラウンのブラシはやわらかく、ケミカル化粧品を使っていたころから愛用しています。

もう少し価格を抑えたいのであれば、エトヴォスのブラシをおすすめします。

ミネラルファンデーション スターターキット には、エトヴォスのミネラルファンデーションや下地、基礎化粧品のサンプルに、2000円のブラシがついてきます。それで1800円なので、かなりお得ですよね。

さいごに

愛用している化粧品をご紹介させていただきました。

ケミカル化粧品からオーガニックに替えるのは勇気がいります。しかし1つなくなったら、オーガニックを取り入れてみる。1つ買ってみて、交互に使ってみる。そんなふうに、ゆっくり移行してみるのがよいのかなと思います。

そしてたまにはケミカルの化粧品を楽しんでみる!

いろいろご紹介させていただきましたが、お試しいただければ嬉しいです。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

おまけ

オーガニックのおすすめの基礎化粧品のご紹介をしております。よかったらご覧くださいね。

www.miyamarin.com