たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

オーガニック基礎化粧品:敏感肌にも優しいもの

スポンサーリンク

愛用中のオーガニック基礎化粧品

f:id:miyamarin:20170526142537j:plain

肌に優しい化粧品

こんにちは。

こちらは、わたしが愛用している基礎化粧品です。

10年以上もの間、アルビオンを使っていたので、急に変えるのはほんとうに怖かったのですが、今はとても満足しています。

肌も甘やかすとダメなんだと思ったりしたものです。

あれもこれもと使っていたのに、ここまで少なくできて、しかもオーガニックで、肌に優しい。

おすすめです。

いちばんのお気に入りのリップ

アレルギーで口紅がつけられないわたしは、リップクリームでも唇が荒れてしまいます。いろんなものを試しました。それでも皮がめくれ上がって、痛々しいことになってしまいます。

こちらを使用するようになってから、少し荒れが治まりました。クリームが固くなく、柔らかいので、つけるときに刺激が軽減されます。

いちばんおすすめのリップクリームです。

洗顔は固形のもの

クレンジングや洗顔フォームが、肌にいちばん刺激を与えます

その中でも低刺激の石鹸は固形を使っています。

ネットで泡立てから使います。香りもなく、少々つまらない感じもしますが、肌状態がをよくしたいのであれば、固形をおすすめします。

こちらは肌が荒れたときでも、刺激なく使えるので、安心です。

無印のネットはシンプルで、細かい泡ができてお気に入りのひとつです。

こちらせっけん置きは、水気を切ってくれるので、石鹸がドロドロにならないすぐれものです。他のメーカーでも同じようなものが売っていますが、無印は、発砲ウレタンの替えがあるので、長く使うことができます。

スポンサーリンク

 

 

ネオナチュラル

ヒーリングローション

この化粧水を買ったのは、オーガニック化粧水の中で、評判や口コミがよいのと、1mlあたりとても安かったからです。

正直、アルビオンからオーガニックに変えるのは、怖いと思いました。

とくに肌トラブルもなく安定していたアルビオンの基礎化粧品。

しかし化粧水と乳液、クリームだけでは済まなくなりました。ブースターの美容液や美容オイルなどを追加しないと、肌が乾燥するようになってしまい、アイテムが増えるにごとに不安が増してきました。

このまま続けていたらだめだと思い、アルビオンの化粧品の中で、化粧水と乳液以外のものを、少しずつ少しずつ、減らしていきました。

またオーガニックの化粧品を、肌状態のよいときにつけるようにしました。

こうして、アルビオンの基礎化粧品から、オーガニックの化粧品に、時間をかけてゆっくりとシフトをしていったのです。

今は、化粧水と乳液だけで十分、肌が潤っています

モイスチャライザー

さいしょに化粧水を買いました。低刺激で肌に刺激がなく、気に入ったので、乳液も買うようになりました。

さらっとした乳液ですが、手で温めて、顔にゆっくりとプレスを数回すると、肌がしっとりします

今まで、美容液やオイル、クリームをたくさん重ねてきたのに、これ一つで十分潤います。

気に入っています。

オラクルの美容液

オラクルは、オーガニックコスメの中で高価な化粧品です。美容液は毎日は使いません。たまにです。

こちらはバラの香りがして、肌につけた瞬間、癒されます。またしっとりと肌になじみます。

美容液をつけるときは、肌の状態がよいときだけ。肌荒れをしているときは、肌に負担がかかってしまうので、つけるのを控えたほうがよいかなと思っています。

 関連書籍

週末だけの肌断食を2回しました。何もつけないことで自分の肌状態がわかるので、やってみる価値はあります。こちらは肌断食を提唱された先生が書かれたものです。いちばんわかりやすく書いてあります。

歳を重ねると、高価な化粧品を使わないと、アンチエイジングができないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、シンプルなケアに変えるほうが、肌の状態がよくなることの方が多いように思います。実際、わたしもそうでした。

さいごに

愛用している基礎化粧品のご紹介でした。どれを使おうか迷っている方のお役に立てればと思います。

新しい基礎化粧品に変えるときは、今、お使いのものから急に変えるのではなく、少しずつシフトしていってくださいね。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク