Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【作り置き】おかず:かぼちゃと鶏ひき肉の煮物の作り方(レシピ)

スポンサーリンク

おばあちゃんのレシピノートから:南瓜ミンチ煮

f:id:miyamarin:20170412134739j:plain

夏野菜のかぼちゃ

こんにちは。

かぼちゃは夏野菜ですが、年中出回っていますよね。

この煮物はすごく好きで、よく作ります。おばあちゃんらしいていねいな作り方で、素材のよさを引き出しています。

甘くてホクホクして、おいしいかぼちゃ。よかったら作ってみてくださいね。

材料(2人分)

  • かぼちゃ1/4個
  • 鶏ひき肉50g
  • だし300ml
  • 調味料
  • しょうゆ・酒各大さじ2
  • みりん・砂糖各大さじ1
  • 水溶き片栗粉適量

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170412135225j:plain

f:id:miyamarin:20170412135450j:plain

  1. かぼちゃは5cmくらいの角切りにし、下ゆでをします
  2. 調味料の材料を合せます

下ゆでの方法はいろいろありますが、圧力鍋を使いました。さいしょは強火にして、圧がかかったら、弱火で5分です。

  【圧力鍋】を選ぶときのポイントとおすすめメーカー

作り方:鶏ひき肉の味付け

スポンサーリンク

 

f:id:miyamarin:20170412135950j:plain

f:id:miyamarin:20170412140005j:plain

f:id:miyamarin:20170412140300j:plain

  1. 合せた調味料を煮切ります
  2. 1にひき肉を入れて、そぼろにします
  3. 火が通ったら、ひき肉と煮汁を分けます

分けるときはざるを使うと便利です。

作り方:煮込む

f:id:miyamarin:20170412140528j:plain

f:id:miyamarin:20170412140539j:plain

f:id:miyamarin:20170412140548j:plain

  1. ゆでたかぼちゃの中に、ひき肉の煮汁を入れて、10分弱火で煮込みます
  2. 1にひき肉を加えます
  3. 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます
  4. 器にもります

かぼちゃとだしを加えて、1度沸騰したら、弱火にしてください。

かぼちゃについて

かぼちゃの栄養ってすごい!

かぼちゃには、βカロテンとビタミンC、ビタミンEが含まれていています。

紫外線による活性酸素から細胞を守ってくれるβカロテン。美白によいとされるビタミンC。老化を防ぐビタミンEは野菜の中でもかなり上位にきます。

また食物繊維も豊富で、からだの中からきれいにしてくれます。

美白にアンチエイジング効果のあるかぼちゃは、積極的に取り入れたい食材です。

かぼちゃは夏野菜

夏野菜といえば、きゅうりやトマト、なす、ししとうなど水分の多い野菜のイメージがあります。

ご存知でしょうか。かぼちゃは夏野菜です。驚きますよね。今や、どの野菜もスーパーで、年中買うことができますから。旬の野菜といわれても、ピンとこないかも知れません。

かぼちゃの保存方法

かぼちゃは一個買うと、使い切るのが大変です。だから冷凍保存をします。栄養価が下がると心配になりますよね。加熱をして冷凍すれば栄養価は下がりません。固ゆでをして、一口サイズに切って冷凍保存すれば大丈夫です。またかぼちゃの場合、冷凍野菜を買うのも一つの手だと思います

さいごに

かぼちゃと鶏ひき肉の煮物のご紹介でした。美肌効果のあるかぼちゃ、積極的に摂りたい食材です。

よかったらお試しください。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク