Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【塩豚】と【ゆで豚】の作り方(レシピ):万能保存食

下ごしらえ

スポンサーリンク

保存食として優秀な塩豚とゆで豚

f:id:miyamarin:20170102182526j:plain

豚肉に少し手を加えるだけで、保存食にもなり、またおいしくいただくことができます。塩豚とゆで豚のご紹介をさせてください。

買ってきたその日に、塩豚にして、その後、ゆで豚を作って、ストック料理を作ります。お忙しい方におすすめの下ごしらえです。

ご紹介させてください。

塩豚

材料

  • 豚かたまり肉 300g
  • 天然塩 2%

豚肉のgに対して2%の塩の量です。

作り方

f:id:miyamarin:20161014141103j:plain

  1. 豚のかたまり肉に、天然塩をまんべんなくすりこみます
  2. 出てきた水分はキッチンペーパーなどで取りのぞきます
  3. ジップロックにいれて、できるかぎり空気を抜いて、密閉します
  4. 数日間、冷蔵庫で寝かせます

クッキングペーパーに包んだ状態で、ジップロックに入れる方法もあります。

ゆで豚

材料

  • 豚かたまり肉 300g
  • 白ねぎ(青い部分) 20cm
  • しょうが 1かけ
  • かぶるくらいの量

作り方

f:id:miyamarin:20161014141750j:plain

f:id:miyamarin:20161014142009j:plain

  1. 鍋に、豚かたまり肉(塩豚)と白ねぎ、しょうが、酒 を入れて、かぶるくらいの水を加えます
  2. さいしょは強火で、アクが出てきたら取りのぞきます
  3. ふきこぼれそうになったら、差し水をします
  4. アクが出なくなるまで、2と3をくりかえします
  5. 弱火にして、30分ほどゆでます
  6. 竹串でさしてみて、透明の汁がでたら、火を止めます

火を止めてからも、ふたをして予熱で調理を続けてください。包丁で切ってみて、火が通っているか確認されてもよいと思います。冷蔵保存するときは、ゆで汁とともに保存します。また残ったゆで汁は炊き込みご飯など、スープとしてお使いいただけます。

さいごに

塩豚とゆで豚の作り方のご紹介でした。豚のかたまり肉を買ったときは、すぐお使いにならないときは、塩で下処理をすることをおすすめいたします。またゆでることで、保存もきいて、とても万能です。

ぜひ、試してみてくださいね。

さいごまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク