Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【牡蠣】(かき)の下ごしらえ(下処理)の方法

下ごしらえ

スポンサーリンク

少し手間をかけるだけでぷりぷり!

f:id:miyamarin:20170208171630j:plain

さっと水で洗うだけでもよいのですが、少しだけ手間をかけてあげるだけで、おいしくなります。

ご紹介させてください。

材料

  • かき120g
  • 適量
  • 小さじ1
  • 片栗粉大さじ3

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170208172054j:plain

f:id:miyamarin:20170208172103j:plain

  1. 水をはったボウルに、塩を加えます
  2. かきを、1個ずつ、ボウルに入れて、やさしく30秒ほど洗います
  3. よごれが浮いてくるので、流水で洗います
  4. 1と同じように水をはり、片栗粉を入れて、軽く混ぜます
  5. 流水で洗います
  6. キッチンペーパーで、1個ずつ、水気をとります

流水で洗い流すときは、直接、かきに当たらないようにしてください。雑に扱うと、貝柱が取れてしまいます。

かきの旬について

かきには、2種類あります。

「真牡蠣」(まがき)と「岩牡蠣」(いわがき)です。

前者は、三陸海岸で多く養殖されているもので、11月から2月の冬のシーズンに出回ります。また後者は、日本海側で養殖されていて、6月から8月の夏のシーズンです。

夏、宮城に旅行へ行った際、生がきをいただきました。そのときに、お店の方が、これは日本海でとれたものですよと、おっしゃっていたのを思い出しました(笑)

さいごに

かきの下ごしらえのご紹介でした。少しだけ手間をかけてあげるだけで、その後、調理したあとのおいしさが変わります。ぷりぷりのかきをお楽しみください。

よかったら、試してみてくださいね。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク