たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

一口サイズのじゃがいものチヂミの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

じゃがいものチヂミの作り方(レシピ)

f:id:miyamarin:20170529181922j:plain

薬味たっぷりのチヂミ

こんにちは。

ねぎをたっぷりと入れたじゃがいものチヂミのご紹介です。

大きいのを1枚焼くと、ひっくり返すのが苦手なので、小さいのをいくつか作るようにしています。

もちもちした食感が楽しめる一品です。

よかったら、お試しくださいね。

材料(2人分)

  • じゃがいも2個
  • にんにく1かけ
  • 青ねぎ3~4本
  • 片栗粉大さじ1
  • たれ
  • 醤油・ごま油各小さじ1
  • コチュジャン小さじ1/3
  • はちみつ小さじ1/4
  • 適量

調味料は合せながら、味見をしてくださいね。

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170529183208j:plain

f:id:miyamarin:20170529183328j:plain

  1. じゃがいもを10分ほど水にさらします
  2. じゃがいもとにんにくをすりおろします
  3. ねぎは小口切りにします
  4. ボウルに1と2を入れて、片栗粉を加えて、塩をふって、混ぜます
  5. たれを混ぜ合わせます

作り方

f:id:miyamarin:20170529183642j:plain

  1. 熱したフライパンにごま油を入れて、大さじ1の計量スプーンくらいの量をゆっくりと落としていきます
  2. 両面に焼き色がつくまで焼きます
  3. 器に盛ります

スポンサーリンク

 

 shopping!!

愛用している胡麻油

f:id:miyamarin:20170529184422j:plain

2つのごま油を愛用しています。

ごまをしっかりと焙煎しているものは、香りがよいので、ドレッシングやたれ、香りづけに利用します。

また軽く焙煎した薄い色のものは、炒めものなどに使います。

岩井は、安政4年に千葉で創業し、横浜に移転したごま油の会社です。また九鬼は、明治19年に三重で創業した会社です。

どちらも好きです。

岩井

九鬼

その他濃口について

焙煎の強弱によって、色や風味が変わります。強く焙煎したものは色が濃くなり、香りが強くしっかりとした味わいになります。濃口は、高温で強く焙煎したものなので、かなり香味を持ちます。ごまの香りに負けないような、濃い味付けのお料理に使われます。たとえば、中華料理や韓国料理など。

麻婆茄子や麻婆豆腐のときに使ってみたいなと思っています。

さいごに

一口サイズのチヂミのご紹介でした。

すりおろしたじゃがいものでんぷんと片栗粉によって、まわりはカリッとしていて、中はもっちりとしていて、味だけでなく、食感も楽しむことができます。

よかったら、お試しください。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

りんの独り言

先週末、ポポーとヨルガオと長野県にある入笠山に。頂上からは、富士山や南アルプス、北アルプスの乗鞍岳が望めます。山頂近くまで、ゴンドラで行けるので、登山未経験者や初心者におすすめの山です。

f:id:miyamarin:20170606154030j:plain

愛犬も一緒でした。スズランがちょうど見ごろです。