たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

髪のダメージをケアする方法:パサパサ・切れ毛・抜け毛

スポンサーリンク

紫外線や乾燥で傷んだ髪をケアする!

f:id:miyamarin:20180103194117j:plain

ダメージのない髪に

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、紫外線や乾燥で傷んだ髪の修復の方法をご紹介させてくださいね。

ちょっとした習慣で、ずいぶん髪の質がよくなります。

加齢とともに、ツヤも失われていくので、白髪染めだけでなく、ケアもしていきたいですね。

シャンプー前には必ずブラッシングを

ご存知の方も多いと思いますが、洗髪前にブラッシングをすることはとても大切です。絡まっている髪を解くことによって、シャンプーでの摩擦を防ぎます。

面倒でも、習慣にするとよいと思います。

粗めのブラシを使うか、コームで毛先からていねいに解いていきます。このコームはプロの美容師さんが愛用しているもので、静電気が起きにくいのがよいところです。

英国王室御用達 ケント社のコームです。ブラシで有名ですが、コームも使いやすく、愛用しています。

きちんと乾かしてから就寝する

髪の毛が濡れている状態は、キューティクルがはがれやすい状態になっています。きちんと乾かしてから、就寝するようにします。しかし注意が必要なのは、オーバードライです。乾かし過ぎは、静電気を起きやすくなります。

ずっとパナソニックのものを使っていましたが、とにかく重いのが嫌で、こちらに買い替えました。軽いし、大風量でかなりお気に入りです。すぐに乾きます。クルクルドライヤーもテスコムを使っています。

美容師さんおすすめのものです。値段がかなりしますが、熱のダメージや静電気から守ってくれるという優れもの。

流さないトリートメント

髪を乾かす時間はとにかく短時間で済ませるのが、ダメージを少なくする秘訣です。しっかりとタオルドライをしてください。そして熱から髪を守るために、流さないトリートメントをつけることをおすすめします。

美容師さんにすすめられてからずっと愛用している流さないトリートメント。これをつけてから髪がサラサラになりました。ただサロン専売品で、ネットでの購入ができるところがだんだん少なくなってきています。

ノンシリコンのシャンプー

ノンシリコンのものは泡立ちが悪いのですが、こちらはとても泡立ちがよく、地肌をマッサージするのにとてもよいものです。

美容室で使っているものを紹介してもらい、愛用しています。洗い上りがとても気持ちがよいです。

シリコン入りのコンディショナー

シャンプーはノンシリコンでよいのですが、コンディショナーはシリコン入りをおすすめいたします。髪1本1本をシリコンでコーティングしてあげないと、ドライヤーの熱や摩擦などで、キューティクルがはがれやすくなります。地肌にはつけないようにするのがよいです。

シャンプーと同じところのものです。1000mlで買う方がお得でおすすめです。

シャンプーとコンディショナーのセットです。

頭皮マッサージもできるブラシ

固さもちょうどよく、ブラッシングだけでなく、頭皮をポンポンと叩くとマッサージもできます。頭皮マッサージは血行をよくし、健康にもよいです。

憧れのメイソンピアソンのブラシです。いつか欲しいと思っていますが、値段が高いのがネック!

スポンサーリンク

 

ダメージヘアのケアのまとめ

肌もボディーも、いろんなパーツのケアがありますが、じぶんの状態を観察して、その時々に必要なものをしてあげることだと思います。

手間をかけてあげると、回復も早く、ダメージも少なくて済みます。できる範囲でケアをしてみてください。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

りんさん(@miyamarin10)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク