たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

愛犬を亡くして、わたしの心はさみしいのか、かなしいのか... ...。

スポンサーリンク

この1年間を振り返って

f:id:miyamarin:20181231232457j:plain

無駄なものは何ひとつない

こんにちは。

平成最後の年末、そして今日は、今年最後の日です。

この1年を振り返り、わたしの思うところを少し語りたいので、よかったらお付き合いください。

どんなことも無駄なものは何ひとつなく、後から必ず気づく大切なこと。

悲しみは胸がちくりと痛むこと

"さみしい"と"悲しい"の違いを最近よく考えます。

さみしいとは、「孤独だと思う感情。人や動物などが恋しいという感情」(参照: Wiktionary

悲しいとは、「望むことと反対の現実に遭遇し、辛いこと。心が乱れて、感情が揺れ動く有様。切ないこと」(参照: Wiktionary

わたしと愛犬じゅりはいつも一緒。

それが、ある日を境に、ともに過ごすあたりまえが、1つずつ失われていきました。

朝起きてもじゅりはいない。帰ってきてもじゅりはいない。どこにもいない。匂いも気配もあるのに... ...。

孤独に押しつぶされて、 「じゅりに会いたい」と泣き叫ぶ日々。そんな日が長く続きました。

でも独りぼっちに少しずつ慣れていきます。

そのあと、悲しいという気持ちが生まれてきました。

13歳は早すぎたのではないか、何かできたことがあったかもしれないと。

とくに苦しかったのは、じゅりが亡くなる1か月前に旅行に行ったこと。

f:id:miyamarin:20181231233141j:plain

とても楽しい旅行だったのに、写真の中で笑っているじぶんにすごく苛立ちました。

このときから、じゅりの体は少しずつ弱ってきていたのではないか、私がいなくてすごくストレスを感じていたのはないか、どうしてじゅりを残して行ってしまったのか、後悔が残り、今でもちくりと胸が痛みます。

f:id:miyamarin:20181231233503j:plain

もしかしたら、もう少し長く一緒にいれたのではないか。いつか終わりが来ることはわかっていても、そう思わずにはいられません。

さみしさは少しずつ消えても、悲しみは消えない。

でもこの1年は辛いことだけじゃなかった

振り返る作業は、心の中だったり、誰かとの会話であったりいろいろでしたが、そのたびに涙がこぼれました。

愛犬じゅりの死があまりにも大きく心を占めていて、今年はとてもとてもつらい1年だったと。

しかしそれだけではなかったことに気づきました。

じゅりが後ろ足の前十字靭帯を断裂し手術をして、もう走り回れないと思っていたのに、回復して楽しそうに芝生を駆け回っていたこと。

炊飯器を断捨離して、ストウブでご飯を炊くようになったり、成城石井でおいしいチョコレートを見つけて、友達にプレゼントしたり。

ブロ友が本を出版することになって、自分のことのように喜んだり。

素敵なお皿との出会いもありました。

ゲーム断ちをしていたのにプレステを買ってモンハンに夢中になり、狩り仲間ができて楽しい時を過ごしたり。

姪っ子がわたしの母校に通うようになって、本当に嬉しくてたまりませんでした。

f:id:miyamarin:20190101013912j:plain

また今年もベランダの鉢で育てているスズランが咲きました。

じゅりと行った最後の旅行。白馬の雪解け水が流れる川で一緒に走り回って、足が治って本当によかったとほっとしたこと。

f:id:miyamarin:20181231234121j:plain

些細なことだけど、楽しいこと嬉しいことたくさんあって、そのそばにはいつもじゅりがいて。

新しいご縁にも恵まれて。

2018年、いろんな意味で忘れなれない年になりました。

完結してない、すべてがつながっている

じゅりとともに歩んだ13年間は、わたしの人生で愛おしいものになりました。

f:id:miyamarin:20190101014154j:plain

いつも一緒。

f:id:miyamarin:20181231233914j:plain

じゅりのことを考えると、今でも込み上げてくるものがあり、胸がちくりとする悲しみがともないます。それだけかけがえのないものだったから。

でも立ち止まることをせず、今は前を向いています。

人生で起きるさまざまなことは、一つ一つ完結しているわけではなく、折り重なっていて、つながっているのかもしれません。

思い通りにいかないこともたくさん。切なくなることもたくさん。

それもふくめての人生。

すべて受け入れて、いつかこの世を去る日まで背負っていこう。

そんなことを思う平成最後の大晦日でした。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

おまけ:悲しみを支えてくれた歌は『アイノカタチ』

わたしはこの曲を聴くと、じゅりを思い出します。

MISIAの『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

  • MISIA
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「ずっとずっと大好きだよ」

 
 
 
View this post on Instagram

たにまのひめゆりさん(@miyamarin10)がシェアした投稿 -

以前の記事で、主人のことを書かせていただきました。

夫の涙をはじめてみたのは愛犬を失ったときだった... ...。 - たにまのひめゆり