Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【作り置き】ほうれん草玉子巻きの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

おばあちゃんのレシピノートから:縁起のよい巻物のお料理

f:id:miyamarin:20170202204408j:plain

ほうれん草を薄焼き卵で巻くだけというかんたんなお料理です。作り置きやお弁当に向いているのではないでしょうか。

また巻物は、知性を願う縁起物として知られています。

とてもおいしいので、よかったらお試しください。

材料(2人分)

  • ほうれん草1束
  • 2個
  • 調味料
  • 薄口しょうゆ大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • すりごま大さじ1
  • ひとつまみ
  • いりごま適宜

下ごしらえ

  1. ほうれん草は下ゆでをして、水気をしぼり、3等分に切ります
  2. ボウルに調味料の材料とすりごまを入れて、混ぜ合わせ、1を加えて、20分ひたし、下味をつけます
  3. 卵は溶きます

ほうれん草の下ゆでの方法はよかったら、こちらをご参照くださいね。

作り方

f:id:miyamarin:20170202213716j:plain

f:id:miyamarin:20170202213730j:plain

f:id:miyamarin:20170202213747j:plain

  1. 溶き卵に塩をひとつまみ入れて、卵焼き器で、薄焼き卵を3枚作ります
  2. まな板に、薄焼き卵を広げます
  3. 下味をつけたほうれん草の水気をぎゅっとしぼり、1/3を2に置き、巻きます
  4. 巻き終わりに、溶き卵汁をつけて、卵焼き器で焼いてくっつけます
  5. 3本作り、大きさを揃えて切り、器に盛ります
  6. お好みで、いりごまをふりかけます

ほうれん草を巻いた卵がめくれてしまわないように、溶き卵汁はたっぷりとつけてくださいね。少ないと、包丁で切るときに、ばらばらになってしまいます。

おばあちゃんが得意とする巻物料理

とにかく、具を巻く料理が好きだったようで、これ以外にもけっこうあります。薄焼き卵でカニを巻いて、揚げたり、定番の肉巻きなどです。

実は、わたしは苦手でして、ご紹介するのをどれも後回しにしております(笑)このほうれん草玉子巻きも、切るときにばらけたことが何回もありました。包丁があまり切れ味のよいものを使っていないからです。といいわけしたいところですが、いつも詰めが甘いのだと思います。

さすがに最近は失敗はしないのですが、苦手意識は、なかなかなくなりません(笑)

巻物料理を得意料理にします!

さいごに

ほうれん草玉子巻きのご紹介でした。かんたんと申し上げましたが、かんたんに見えて、意外にコツがいります。

でもおいしいので、よかったら試してみてください。一口サイズの軽いお料理は、見た目もかわいいので、気分が上がります。

さいごまでお読みくださいましてありがとうございました。

おまけ:りんの独り言

お友達のブロガーさんたちが、かばんの中をご紹介されています。わたしもエントリーしようかなと思ったのですが、独り言の中で、少しばかりの間、お見せしようと思います。でもみなさんのように、少なくないんですよね。実はかなり減らしました。ずるいですよね。エヘヘ。

f:id:miyamarin:20170202215517j:plain

左から、ハガキやメモ、切手、ポチ袋などの文具。財布とPasmo入れ、携帯。赤いポーチの中に、バンドエイドとピルケース、鏡にリップクリーム。その隣の水色のものは、ウェットティッシュ、ふつうのティッシュ、タオルハンカチです。赤いポーチの上には、エンビロサックスのエコバッグです。

多いですよね。うーん。

もちろん、ぬいぐるみとクッションは持ち歩きませんよ(笑)