Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】たこのトマト煮込みの作り方(レシピ)

スポンサーリンク

たこのトマト煮込み

f:id:miyamarin:20170314175443j:plain

こんばんは。

おばあちゃんのトマト煮込みは、鶏肉が定番ですが、わたしはたこでも作ります。すぐ固くなってしまうたこは、じっくりと時間をかけて煮込むとやわらかくなります。圧力鍋を使えば、すぐですけどね(笑)

では、ご紹介させてください。

材料(2人分)

  • たこ1本
  • マッシュルーム1パック
  • にんじん1/2本
  • 玉ねぎ1/4個
  • じゃがいも1個
  • 煮汁
  • 100ml
  • 白ワイン50ml
  • トマト缶1缶
  • コンソメ小さじ1
  • 砂糖小さじ2
  • ニンニク1かけ
  • たかのつめ小さじ1
  • 塩・コショウ適量
  • オリーブオイル大さじ2

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170314180742j:plain

  1. たこは5cmくらいの大きさに切りそろえます
  2. じゃがいもは1cmの角切りにし、水に10分さらします
  3. 玉ねぎとにんじんもおなじく、1cmの角切りにします
  4. マッシュルームは、キッチンペーパーで汚れをとり、石づき部分を切り、薄切りにします
  5. ニンニクはみじん切りにします

作り方

f:id:miyamarin:20170314182403j:plain

f:id:miyamarin:20170314182419j:plain

f:id:miyamarin:20170314182436j:plain

f:id:miyamarin:20170314182526j:plain

f:id:miyamarin:20170314182542j:plain

f:id:miyamarin:20170316002324j:plain

  1. 熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、強火でニンニクとたかのつめを香りが立つまで炒めます
  2. 中火にして、1にたまねぎを加え、少し透き通るくらいまで炒めます
  3. 2に、にんじんとじゃがいもを加え、炒めます
  4. 圧力鍋に、2とたこ、煮汁の材料を加えて、圧がかかったら、弱火にして5分煮込みます
  5. ふたが開けられるようになったら、弱火でさらに1時間煮込みます
  6. 塩・コショウで味を調え、器に盛ります

にんじんとじゃがいもは味が含みやすくなるように、油をなじめせるので、火が通るまで炒める必要はありません。

圧力鍋は下ごしらえのための調理器具

ご家庭で圧力鍋は頻繁にご使用されますか。わたしは、煮込み料理がとくに好きなので、よく使います。カレーなどにはあまり使いませんが、すじ肉やすね肉など、固い部位を好んでよくいただくので、必要です。

圧力鍋は、下ごしらえに便利ではありますが、水分を飛ばして煮込んだりすることはできません。あくまでも、食材をやわらかくするための鍋です。

下ごしらえを済ませたものを、じっくり煮込んだり、煮詰めたりするのは、圧が取れて、ふたが開けられるようになってからです。

今回、ご紹介したトマト煮込みは、1時間煮込みました。1時間というのは目安であって、煮込み時間は、お好みで変えてください。

コトコトと長い時間をかけてつくる煮込み料理はおいしいですよね。

圧力鍋にご興味がございましたら、こちらをご参照くださいね。

さいごに

たこのトマト煮込みのご紹介でした。じっくり煮込むと、固くなるたこもやわらかくなり、とてもおいしくなります。パスタソースにもなりますし、トマト煮込みは万能です。たこの代わりに、鶏肉はもちろんのこと、他のお魚もよさそうですよね。

よかったら試してみてください。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

関連商品

あると便利なトマト缶。とくにカットトマトはよく使います。ついついまとめ買いをしてしまいます(笑)

コンソメはマスコットのが好きです。ステックタイプの顆粒なので、使いやすいなと思っています。