たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

エイジングケアのレシピ:まぐろと長いもの納豆和え

スポンサーリンク

発酵食品の納豆はエイジングケアの味方!

f:id:miyamarin:20170801134805j:plain

女性ホルモンの補充

こんにちは。

大豆や納豆は、イソフラボンを多く含みます。

女性ホルモンと似た作用をするので、更年期の症状を緩和をしてくれます。またコレステロール値や高血圧を低下など、体によい効果があります。

またEPAとDHAが豊富なまぐろを加えることで、アンチエイジングの効果を高めます。

積極的に摂りたいですね。

材料(2人分)

  • まぐろ100g
  • 長いも50g
  • 納豆1パック
  • 大葉3~4枚
  • いりごま小さじ1
  • 白ねぎ(飾り用)10cm
  • 青ねぎ3本
  • 調味料
  • しょうゆ・胡麻油各小さじ1
  • 豆板醤小さじ1/3

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170801135439j:plain

  1. 調味料の材料を合わせます
  2. まぐろは角切りにして、1で漬けにします
  3. 長いもは皮をむいて、同じように角切りにします
  4. 青ねぎは小口切りに、白ねぎは千切りにします
  5. 大葉は千切りにして、水にさらします

作り方

f:id:miyamarin:20170801135833j:plain

f:id:miyamarin:20170801135846j:plain

f:id:miyamarin:20170801135902j:plain

  1. 切った材料をボウルに入れて、軽く混ぜ合わせます
  2. さいごに、いりごまを加えて、器に盛ります

味が薄いようなら、しょうゆを足してください。

Check ! !

納豆は、発酵食品で消化によく、ビタミンBとビタミンKを多く含みます。骨粗鬆症を予防、抗酸化作用があります。

まぐろは、血液をさらさらにして、脳の機能を高めてくれる、EPAとDHAが豊富に含まれています。中性脂肪を減らす効果もあるので、ダイエットにもよいですね。

どちらも積極的に摂りたい食材です。

アンチエイジングのレシピをご紹介しています。よかったらご覧ください。

 shopping!!

お菓子で納豆の栄養素を摂ることもよいですよね。食べすぎに注意ですよ。ぼりぼり食べすぎて、胃が痛くなりました(焦)

これ、ビールに合うんですよ。少し危険です(笑)

とうがらしは、血液をさらさらにする効果があります。アンチエイジングのレシピには欠かせないです。

スポンサーリンク

 

さいごに

エイジングケアのレシピのご紹介でした。

納豆は、美容だけでなく、健康維持のためにも大切な栄養素がたっぷり入っています。

いろいろ工夫をして、おいしく召し上がってください。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク