たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

日焼け対策:白い肌を守るための最強グッツ

スポンサーリンク

紫外線対策をしていないと未来の肌はシミだらけ

f:id:miyamarin:20180713114744j:plain

外部から受ける紫外線対策と体の中から日焼けをなかったことに!

こんにちは。

紫外線は老化を早めます。

すぐには現れませんが、10年後の肌には、シミとしわがあちこちに、、、

年齢とともに、肌が衰えるのは仕方のないことですが、遅らせることは可能です。

面倒でも、ぜひこまめに対策を。

ご紹介させてくださいね。

出かける30分前に飲む日焼け止め「ヘリオケア」

f:id:miyamarin:20180713164702j:plain

外出するときは、出かける30分前に飲みます。紫外線を浴びる時間が長いときは、間をあけて2錠目を飲みます。

日本製ではないので、不安かもしれませんが、やはりヘリオケアがいちばんよく効くと感じています。もう何年もお世話になっています。

色つきの日焼け止めはファンデ代わりに HANA organic

f:id:miyamarin:20180713164749j:plain

愛用している HANA organic です。

こちらのいいところは、日焼け止め特有の嫌なにおいがないことと、肌に優しく、カバー力があります。ファンデーションの代わりに使っています。

HANA organic ウェアルーUV 公式ページへ

こちらは10本以上、リピしているくらいの愛用品です。

詳しくは、こちらの記事をご覧くださいね。

オーガニック化粧品でノーファンデ:敏感肌から普通肌へ

顔は、HANAオーガニック ですが、ボディは、資生堂のサンメディックUVのスプレータイプの日焼け止めを使っています

クリームや乳液などいろんなタイプがありますが、わたしはスプレータイプとお粉タイプが好きです。スプレーはひんやりしていて、つけた時に気持ちがよいのと、持ち歩くのに、軽いのが気に入っています。

サンメディックUVは、ジェルやクリームもあります。

UVカットのアームカバーとマスク

いくつかアームカバーを使いましたが、こちらは絹麻シルクできていて、つけ心地がたまらなく気持ちがよいのです。

またぴったりとしていないので、通気性もよく、暑苦しくありません。

下にふつうのマスクを重ねて、ファンデがつかないようにしています。しかし通気性があるとはいえ、けっこう蒸れます。でも日焼けをしたくないので、我慢しています(笑)

持ち運びには軽量の折り畳みの日傘

f:id:miyamarin:20180713125057j:plain

日傘を撮ろうと思ったら、愛犬がしゃしゃりでてきました。

モンベルの晴雨兼用の傘は、友達が使っていて、さっそく購入しました。晴雨兼用といえば、便利といえば便利なのですが、UVカットの高いのがありません。

こちらは、デザイン的にはあまり、、、なのですが、UVカットはもちろんのこと、軽いので、バッグに入れて持ち運ぶのも楽です

ただ、軽いということは、強度のある構造ではありません。風の強い日には違う日傘を使っています。

UVケア:美白ドリンクのおすすめはピュアホワイト!

帰宅後、ピュアホワイトを炭酸で割って飲んでいます。錠剤よりドリンクの方が割高ですが、吸収しやすいので、愛飲しています。

サングラスは日焼け対策の必須アイテム

サングラスが紫外線対策にとってよいとわかっていても、気恥ずかしくてつけるのが嫌な方は多くいらっしゃると思います。

わたしも最初、そうでしたが、慣れですよね。上の写真にあるサングラスは、レイバンのものではありませんが、レイバンは種類が多く、流行り関係なく、お似合いになるものが見つかると思います。この形が、わたしは好きです。

日焼け対策のまとめ

日焼け対策、白い肌を守るための最強グッツのご紹介でした。

シミやしわは気になります。少しでも気にかけてあげるだけで、老化を遅らせることができます。

きれいに歳を重ねたいと思います。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。