たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

【ドッグフード】シニア犬におすすめドッグフード:オリジンとナチュラルハーベスト

スポンサーリンク

シニア犬におすすめしたいドッグフードはバランスのよいものを

f:id:miyamarin:20181022192934j:plain

犬のシニア期は何歳から?

こんにちは。

小型犬と中型犬は8歳くらいから、大型犬は6歳くらいからシニア期に入るといわれています。

今までは、どんなドッグフードでも問題がなかったのに、急に吐いたり、下痢したりすることはありませんか。

犬も老化とともに、内臓が弱ってきます。シニア期に入ると、シニア用のドッグフードに変えたり、またお湯でふやかしたり、工夫をすることをお勧めします。

今回は、私の愛犬に食べさせていたフードをご紹介したいと思います。

おすすめシニア期のドッグフード

シニア期に入ると、1年に1度は動物病院で、血液検査やレントゲン、エコーなどの検査をしていました。

療法食は、動物病院で勧められたものを。ネットで購入すると、動物病院より安く買えます。

とくにどこか弱っているところがなければ、バランスのよい高齢犬フードがよいと思います。

いくつかご紹介させてください。

シニアのドッグフードは、小粒が多く、とくにナチュラルハーベストは小さくて、お湯でふやかしやすいので、おすすめです。

フードによって便が柔らかくなったり硬くなったりする

フードによって便がゆるくなったり、硬くなったりします。その場合、2種類のドッグフードを混ぜて調整していました。

腎臓ケアや結石ケア、皮膚ケアなどの療法食を混ぜてしまうと、効果が半減することもあるので、その場合は動物病院の先生にご相談くださいね。

ドッグフードのまとめ

愛用していたシニア期のドッグフードのご紹介でした。

ドッグフードと調べれば、山のように出てくるので、どれがよいか本当に悩みます。動物病院の先生に相談したり、友人に教えてもらったり、実際に口にしてみてよかったり、試しながらたどり着いたものです。

よかったらお試しください。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。