Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【鶏肉】のごまだれ和風ホイル焼きの作り方(レシピ)

焼き物

スポンサーリンク

おばあちゃんのレシピノート:かしわゴマだれホイル焼

f:id:miyamarin:20160819105007j:plain

ごまだれとバターで味つけをし、さいごにレモン汁をかけるという、何ともいいがたいおいしいごまだれホイル焼きのご紹介です。お野菜をたくさん使うので、栄養もきちんと摂ることができます。

ぜひ作ってみてください。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉1枚
  • キャベツ200g
  • にんじん1/3本
  • しいたけ2枚
  • 青ねぎ3本
  • A
  • しょうゆ大さじ2
  • 大さじ1強
  • 砂糖小さじ1/2
  • すりごま大さじ4
  • しょうが汁1かけ分
  • バター大さじ1
  • レモン汁小さじ2
  • 塩・コショウ適量

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20160819114619j:plain

  1. キャベツとにんじん、しいたけは千切りにします
  2. 青ねぎは5cmの長さに切りそろえます
  3. しょうがはすりおろし、しょうが汁をつくります
  4. 調味料の材料とすりごまを混ぜ合わて、Aを作ります

作り方

f:id:miyamarin:20160819115758j:plain

f:id:miyamarin:20160819120357j:plain

f:id:miyamarin:20160819120556j:plain

f:id:miyamarin:20160819121103j:plain

f:id:miyamarin:20160819121221j:plain

f:id:miyamarin:20160819121311j:plain

  1. 熱したフライパンに、油を入れて、野菜を炒めます
  2. 火から下し、青ねぎとしょうが汁を加えて混ぜます
  3. ボウルにAと2を入れ、味がなじむまでしっかりと混ぜ合わせます
  4. 鶏肉に塩コショウをして、小麦粉をまぶします
  5. 熱したフライパンで焼き色がつくまで焼き、厚さ1cmくらいに切ります
  6. アルミホイルに、鶏肉を並べ、野菜を盛り、バターをのせて、包みます
  7. オーブントースターで15分弱焼きます
  8. 器に盛り、レモン汁をかけます

オーブンで焼く場合は、200℃の余熱ありで、10分です。

ホイル焼きとは

ホイル焼きといえば、わたしはかしわ(鶏肉)を使うことが多いです。野菜をたっぷり入れます。そのほかに魚介、とくに鮭ときのこのくみ合わせも気に入っています。

アルミホイルで具材を包んで、蒸し焼きにするので、うま味が逃げません。

何かに包んで調理する料理は、世界中にたくさんあります。西洋料理ではクッキングシートを利用することもあります。日本でも、朴葉焼き(ほおばやき)や奉書焼き(ほうしょやき)など郷土料理がたくさんあります。

何かに包んで蒸し焼きにする料理は古くからあるんですね。

温野菜と生野菜 美肌作りにはどちらがよいか?

どちらとも言えません。バランスよく、温野菜と生野菜を食すことがいちばんです。答えになっていないですが。それぞれメリットとデメリットをご紹介いたします。

温野菜のメリット・デメリット

温野菜は加熱することで、美肌づくりに必要なビタミンやミネラルを壊してしまったり、減少させたりします。カリウムを多く含む夏野菜など、揚げていただくのがかなりおいしいと思うのですが、熱に弱いものが多いのです。

逆に加熱をしたほうが栄養素の吸収率がアップするものもあります。ニンジンやピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜は熱に非常に強く、油などと一緒にいただくと栄養素が吸収されやすくなります。

また温野菜はカサが減り、たくさん摂ることができます。そして温めたもののほうが胃腸には優しく、負担をかけません。

生野菜のメリット・デメリット

野菜は生でいただくほうが、ビタミンやミネラル、食物繊維をたくさん摂ることができます。熱を加えることで失われる酵素が美肌づくりやダイエットには必要です。

しかしたくさんの量を一度にいただくのは無理があり、また生野菜は胃腸にかなり負担をかけます。すりおろしたり、スムージーにするなど工夫が必要ですね。

さいごに

かしわのごまだれホイル焼きのご紹介でした。

ごまだれには醤油が入っています。ごまと醤油、バター、レモン、この調味料の合せは、想像するだけで空腹を刺激するような気がします。和食なのにこってりとしていて、だけどレモンを加えることで、後味がさっぱりして、絶妙なバランスですよね。

このお料理は、結婚してから何度も作ったものです。おばあちゃんのレシピノートの中で、上位にくるお気に入りのお料理です。

ぜひ、試してみてください。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。