Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

高野豆腐とお麩入りハンバーグの作り方(レシピ):高野豆腐でかさ増し節約!

スポンサーリンク

肉の食感に似ている高野豆腐とお麩でハンバーグ

f:id:miyamarin:20170321165417j:plain

こんばんは。食べ盛りのお子さまがいらっしゃるご家庭は、何を作るにしてもたくさんの材料が必要ですよね。

じつは、高野豆腐やお麩は、肉の食感にとても似ていて、ベジタリアンのお店などでよく使われる食材です。

これらをハンバーグに混ぜて、かさ増しをすることができます。しかもおいしい!

かんたんで、節約もできる、ちょっと変わったハンバーグを、ご紹介させてください。

材料(2人分)

  • 合い挽き肉200g
  • 玉ねぎ1個
  • 高野豆腐25g
  • お麩25g
  • 1個
  • 牛乳50ml
  • 塩・コショウ適量
  • ソース
  • バター大さじ2
  • しょうゆ大さじ3
  • 赤ワイン大さじ2
  • 小麦粉小さじ1

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170321170132j:plain

f:id:miyamarin:20170321170147j:plain

f:id:miyamarin:20170321170202j:plain

f:id:miyamarin:20170321170213j:plain

f:id:miyamarin:20170321170223j:plain

  1. 高野豆腐とお麩は、戻して、水気をしぼり、細かく切り、牛乳にひたします
  2. 玉ねぎはみじん切りにします
  3. フライパンに、2とオリーブオイルを入れて、あめ色になるまで炒めます
  4. ボウルに、タネの材料をすべて入れて、塩・コショウをし、ねばりが出るまで、しっかりと練ります
  5. ハンバーグの形をつくり、冷蔵庫でしばらく寝かせます

玉ねぎのみじん切りはこちらをご参照ください。

今回は、玉ねぎは炒めても、炒めなくても、お好みで変えてくださいね。

ハンバーグの作り方

f:id:miyamarin:20170321170705j:plain

f:id:miyamarin:20170206172756j:plain

  1. 強火に熱したフライパンに、ハンバーグのたねを両面焼きます
  2. 焼き色がついたら、弱火にして、フライパンにふたをして、3分蒸し焼きします
  3. ふたをとって、竹串などをさして、透明の汁が出るか確認します
  4. 器に盛って、ソースをかけます

ふたの代わりに、アルミホイルを代用しています。洗い物が減りますよ(笑)

ソースの作り方

スポンサーリンク

 

f:id:miyamarin:20170206173427j:plain

f:id:miyamarin:20170206173451j:plain

  1. フライパンにバターを入れて、熱します
  2. バターが溶けたら、小麦粉をだまにならないようにへらで混ぜます
  3. 2に、赤ワインとしょうゆを加えて、煮立たせます

煮立たせたら、すぐフライパンを火からおろしてください。煮詰めすぎると濃くなりすぎます。きのこはお好みで。

ソースは、こちらでご紹介しているほうが、お子さまには好まれるような気がしますので、よかったらご覧ください。

高野豆腐のかさ増しレシピ

高野豆腐を使った、節約でヘルシーなお料理をいくつかご紹介させてください。

どれも、高野豆腐が入っていると思えない食感です。ただお肉と高野豆腐の割合は多くても、1:1くらいがよいと思います。高野豆腐が多すぎると、がんもどきのようになります(笑)またフードプロセッサーでみじん切りにすると、よりふわふわになっておいしくなります。

やっぱり万能なクイジナートのフードプロセッサー

0.5Lと少量しかみじん切りできませんが、アメリカの業務用フードプロセッサーの半分以上のシェアをほこる「クイジナート」のミニであれば、手に入れやすい価格です。しかも場所を取らないし、可愛いのがたまりません。これで作るみじん切りはとても質のよいものになります。

さいごに

かさ増ししても、しっかりお肉の味がする、かんたんなハンバーグのご紹介でした。

よかったら作ってみてくださいね。高野豆腐は栄養価も高いので、とてもよい食材だと思います。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

おまけ:りんの独り言

この記事を書こうと思ったきっかけは、せり鍋を教えてくれた友人です。彼が、子供のためにはじめてハンバーグを作ったという話を聞いたのです。

玉ねぎのみじん切りの失敗談にはじまり、彼の名誉のために詳しくは書きませんが(笑)またひき肉を1kgも使ったという、驚くことばかりでした。お子さんがいらっしゃるところは、本当に食料の消費量が半端ないですね。とにかく、書かなきゃと思いました(笑)

次回はうまくいくはずです。頑張ってね。